トゥオジャンゴサウルス

Tuojiangosaurus

トゥオジャンゴサウルス化石


イントロダクション

トゥオジャンゴサウルスの全身骨格化石

全身骨格(2011年撮影)

トゥオジャンゴサウルスは、中国で発見された剣竜です。

恐竜博などで、剣竜としてはよく展示される属です。


特徴

トゥオジャンゴサウルスの切手

トゥオジャンゴサウルスの背中には17対の三角形の骨板が並んでいました。
肩からは鋭い骨質のトゲが伸びています。

鋭いトゲが発見された当初は、どの位置にどのようについていたのか、わかりませんでした。 1986年に新たに発見されたトゥオジャンゴサウルスの標本から、肩から後ろ向きに付いていたことがわかりました。この肩からの鋭いトゲの役割はよくわかっていません。

前脚が短く、他の剣竜に比べても頭が低い位置にあったので、地面付近に生えている背丈の低い草を食べていたと推定されています。

トゥオジャンゴサウルスの全身骨格化石

全身骨格化石(2014年撮影)
肩のトゲは復元されていません


トゥオジャンゴサウルスの切手・化石

トゥオジャンゴサウルスの切手

トゥオジャンゴサウルスの全身骨格化石

全身骨格化石(2017年撮影)


トゥオジャンゴサウルスの基本データ

学名(属名) Tuojiangosaurus
名前の意味 沱江(中国の河)のトカゲ
Tuojiang(沱江)[地名]-saurus(トカゲ)[ギリシャ語]
分類(分岐分類) 鳥盤目・装盾類 (装盾亜目・剣竜下目)
体長(大きさ) 約7m
食性 草食
生息時期 ジュラ紀後期(約1億6000万年前)
下分類・種名 Tuojiangosaurus multispinus
論文記載年 1977
属名の記載論文 On the stegosaurian remains from Zigong (Tzekung), Szechuan province.
Vertebrata PalAsiatica 15.
by Z. Dong, X. Li, S. Zhou and Y. Zhang. 1977.

 
Copyright dino-tail.com & 恐竜のしっぽ.jp by S.Kanazawa, All Rights Reserved.
恐竜のしっぽサイトロゴ