ケントロサウルス

Kentrosaurus


イントロダクション

ケントロサウルスの切手

ケントロサウルスは、ステゴサウルスと近縁のアフリカに生息した恐竜です。


特徴

ケントロサウルスの切手

ケントロサウルスは首から尾先まで広い範囲で、15対 左右30本の骨質プレート、スパイクに覆われています。 腰には、細いトゲががあります(横に伸びたトゲの位置については、「腰ではなく、肩の位置ではないか?」との説もあります)。
ステゴサウルスの背中の骨盤が”体温調節”の役割を担っていたのとは異なり、ケントロサウルスの背板は"防御"や"仲間の判別"にのみ使われていたようです。

尾は長く、重心が尾の位置にありました。 2足歩行が基本となる獣脚類ではバランスをとるために尾によくあることですが、4足歩行の装盾亜目の恐竜としては珍しく「ケントロサウルスたる特徴」のひとつとなっています。
尾は40以上の椎骨からなっており、横に大きく振れたことも示唆されています。 尾先の骨質スパイクは肉食恐竜-捕食者に対する大きな武器となっていましたが、ステゴサウルスのスパイクに比べると細く、衝撃時に折れたり曲がるリスクも負っていたようです。 主な使途は、威嚇だったかも知れません。


パンゲア超大陸と論文記載

ケントロサウルスのスパイク記載論文(1915年)

ケントロサウルスのスパイクとプレート(1915年記載論文抜粋)
出典:Kentrosaurus aethiopicus, der Stegosauride des Tendaguru.
Sitzungsberichte der Gesellschaft naturforschender Freunde zu Berlin.
by Edwin Hennig. 1915.

1909年、ドイツの古生物学者ヴェルナー・ヤンセンシュ(Werner Janensch)率いるベルリン自然史博物館の調査隊が、 東アフリカ・タンザニアのTendaguru Formationで背中から尾にかけての椎骨、仙骨、大腿骨などを発見します。 1910年にステゴサウルスと近縁となる剣竜であることが同定され、 発掘調査に同行していたドイツの古生物学者エドウィン・ヘニング(Edwin Hennig)は、1915年新属新種としてケントロサウルス(Kentrosaurus aethiopicus)を記載しました。

ケントロサウルスの切手

北アメリカで見つかるステゴサウルスとアフリカのケントロサウルスが分類上近い属にいるということは、共通の祖先がひとつの大陸にいたことを示唆しています。
大陸がひとつだったころパンゲア超大陸の共通祖先から派生して、分裂した大陸でそれぞれの進化を遂げたのでしょう。


ケントロサウルスの切手・化石


ケントロサウルスの基本データ

学名(属名) Kentrosaurus
名前の意味 スパイクのトカゲ
kentron(棘、スパイク)[ギリシャ語]-saurus(トカゲ)[ギリシャ語]
分類(分岐分類) 鳥盤目・装盾類 (装盾亜目・剣竜下目)
体長(大きさ) 約3 - 5m
食性 草食
生息時期 ジュラ紀後期
下分類・種名 Kentrosaurus aethiopicus
Kentrosaurus longispinus
論文記載年 1915
属名の記載論文 Kentrosaurus aethiopicus, der Stegosauride des Tendaguru.
Sitzungsberichte der Gesellschaft naturforschender Freunde zu Berlin.
by Edwin Hennig. 1915.

 
Copyright dino-tail.com & 恐竜のしっぽ.jp by S.Kanazawa, All Rights Reserved.
恐竜のしっぽサイトロゴ