モノニクス

Mononykus

モノニクスの化石


イントロダクション

モノニクスの全身骨格化石

モノニクスの全身骨格(2013年撮影)

1993年モンゴルで、前脚に大きな(長さ約7.5cm)1本の爪を持つ奇妙な化石が発見されました。

モノニクスと名付けられたこの恐竜の前脚は太く、尺骨にはオレクラノン・プロセスという突起が長く伸びていました。 これは、前脚の力が強かったことを示唆しています。


特徴

モノニクスの特徴といえば、発達した1本指です。胸骨には竜骨突起という部位があり、鳥類では翼を動かすための筋肉が付いている場所が発達していました。 「指が大きく、腕力の強い」恐竜だったことがうかがえます。
また、後脚の構造から、速く走れたとも推定されています。

比較的眼が大きいことから、夜行性であった可能性も示唆されています。 1本の大きな爪の用途は分かっていませんが、夜、前脚の強い力で穴を掘って、地中の昆虫やトカゲを食べていたのかも知れません。

モノニクスの切手

羽毛恐竜として描かれることがあります。
近縁種では羽毛跡の化石が発見されており、モノニクスの属するアルヴァレスサウルス科は羽毛で覆われていた系統であることがわかっています。

モノニクスの近縁種では、1つの大きな爪の横に退化した小さな2本の爪をもつ恐竜が発見されています。
モノニクスも大きな爪の他に、化石として見つかっていない、小さな退化した爪をもっていた可能性があります。


モノニクス(Mononykus)の名前

モノニクスの前足爪化石

モノニクスの前足爪化石(2013年撮影)

モノニクスの学名は、Mononykusです。モノ"ひとつの"+ニクス"爪"の意味です。
モノニクス以外にも、爪の意味の<ニクス>の名をもつ恐竜がいます。

  • バリオニクス(Baryonyx)=重い爪
  • デイノニクス(Deinonychus)=恐ろしい鉤爪
  • スキピオニクス(Scipionyx)=スキピオ(地質学者の名前)の爪

モノニクスは当初、"Mononychus"のつづりで学名がつけられました。
ところがその名前は既に甲虫(カブトムシの仲間)に使用されていたことがわかり、"Mononykus"に改名された経緯があります。


モノニクスの切手・化石

モノニクスの全身骨格化石

モノニクスの全身骨格化石(2011年撮影)


モノニクスの基本データ

学名(属名) Mononykus
名前の意味 ひとつの爪
monos(ひとつの)[ギリシャ語]-onyx(カギ爪)[ギリシャ語]
分類(分岐分類) 竜盤目・獣脚類(獣脚亜目・テタヌラ類)
体長(大きさ) 約1m
食性 肉食(昆虫や小型の哺乳類など)
生息時期 白亜紀後期
下分類・種名 Mononykus olecranus
論文記載年 1993
属名の記載論文 Flightless bird from the Cretaceous of Mongolia.
Nature volume 363, page 188 (13 May 1993).
by Perle Altangerel, Mark A. Norell, Luis M. Chiappe & James M. Clark. 1993.

 
Copyright dino-tail.com & 恐竜のしっぽ.jp by S.Kanazawa, All Rights Reserved.
恐竜のしっぽサイトロゴ