ディロング

Dilong

ディロングDilongの化石


イントロダクション

ディロング|ディロンの全身骨格化石

ディロングの全身骨格化石(2017年撮影)

ディロングは、2004年に論文記載された羽毛恐竜。 ティラノサウルス類として初めて、羽毛の痕跡が見つかった恐竜でした。
ディロング唯一の種は、種名paradoxusと名づけられました。ラテン語で、"驚くべき。常識を超えた。逆説的"という意味があります。 「ティラノサウルス上科に分類されたディロングが小型で羽毛を持っていたこと」への驚きに由来しています。

属名のDilongは"ディロン"と発音されることも。


特徴

ディロングは、白亜紀前期(約1億2600万年前)の中国遼寧省に生息していた羽毛恐竜です。有名な熱河層群から産出しています。

ディロング|ディロンの頭骨化石

頭骨化石(2017年撮影)

若い個体のほぼ完全な骨格化石が見つかっていますが、全長は約1.6m。骨格の調査から、成体になっても2m程度だったと推定されています。
顎と尾の部分に羽毛の痕跡が残されていました。現生の鳥のものとは異なり、中心軸が無い繊維状の羽毛でした。飛ぶためのものではなく、保温のためだったようです。 全身を羽毛が覆っていたと考えられています。

頭骨や歯の形態は明らかにティラノサウルス上科の特徴を備えていますが、 進化したティラノサウルス科とも異なり、前肢は大きく、その指は3本ありました。

ディロングとティラノサウルスの頭骨比較

ディロングとティラノサウルスの頭骨比較
左:ディロング、右:ティラノサウルス


ディロングの切手・化石

ディロング|ディロン(Dilong)の全身骨格化石

ディロングの全身骨格化石(2017年撮影)

ディロングの全身骨格化石

ディロングの全身骨格化石(2012年撮影)


ディロングの基本データ

学名(属名) Dilong
名前の意味 皇帝龍
分類(分岐分類) 竜盤目・獣脚類(獣脚亜目コエルロサウルス類ティラノサウルス上科)
体長(大きさ) 約1.6 - 2m
食性 肉食
生息時期 白亜紀前期(約1億2600万年前)
下分類・種名 Dilong paradoxus
論文記載年 2004
属名の記載論文 Basal tyrannosauroids from China and evidence for protofeathers in tyrannosauroids.
Nature. 431
by Xu, X., Norell, M. A., Kuang, X., Wang, X., Zhao, Q., Jia, C. 2004.

 
Copyright dino-tail.com & 恐竜のしっぽ.jp by S.Kanazawa, All Rights Reserved.
恐竜のしっぽサイトロゴ