アロサウルス

Allosaurus

アロサウルス化石


イントロダクション

アロサウルスの全身骨格化石

全身骨格化石(2017年撮影)

アロサウルスは、ジュラ紀を代表する大型の肉食恐竜です。1億5500万年〜1億4500万年前のジュラ紀後期、陸上のおける食物連鎖の頂点にいました。

寿命は22歳~28歳くらいでさまざまな成長過程の化石が見つかっており、獣脚類の成長に関する研究に役立っています。


特徴

アロサウルスの全身骨格化石

全身骨格化石(2006年撮影)

アロサウルスの体重は2トン前後と推測されています。 身体大きさの割には、軽い頭部でした。 目の上に涙骨が発達した突起がありますが、形や大きさは個体差がありました。

短い前足には3本の鋭い爪をもっています。親指にあたる第一指が一番大きかったようです。

アロサウルスの全身骨格化石

全身骨格化石(2017年撮影)


アロサウルスの生態

アロサウルスは、生息していた時代・地域では 食物連鎖の頂点にいた王者だったと考えられています。

アロサウルスの切手

「アパトサウルスの後を追う アロサウルスの足跡化石」や「大型竜脚類に残された歯の跡」、「アロサウルスの歯並びと一致する噛み痕の残ったステゴサウルスの化石」が見つかっています。 それらのことから、大型草食恐竜を襲っていたと推測されています。

アロサウルスの頭骨を分析した結果、両眼の視野の重なりは20度ほどだったことがわかっています。 視野の重なりは立体的に獲物との距離を計るのに役立ちますが、ティラノサウルスほど立体視はできていなかったことになります。 しかし現生のワニくらいには距離感を把握できていたようですので、狩りをするには十分だったのでしょう。

体重が軽い分、最高速度30km/h~50km/hほどで走れたと推測されています。

アロサウルスの化石を多く産出するアメリカのモリソン層。ジュラ紀後期の当時は乾季と雨季を繰り返すサバンナで、高い木は少なく背の低いシダ植物を中心とした平原だったと考えられています。 スピードを活かした狩りが得意だったのかも知れません。


アロサウルスの社会性

長い間、「アロサウルスは仲間同志で意志疎通をして、共同で狩りをしていた」と考えられていました。
大型竜脚類を追うように複数個体の足跡が残されていたり、獲物となった恐竜のそばに大小さまざまなアロサウルスの歯が抜け落ちていたことを根拠に挙げて、共同生活をしていたと思われてきたのです。

アロサウルスの全身骨格化石

全身骨格化石(2012年撮影)
右側にいるのはステゴサウルスです

近年の研究では、アロサウルスのような大型肉食恐竜が共同で(仲良く)行動していた可能性は低いとされています。

恐竜と同じ双弓類(トカゲ・ワニ・鳥)の現生動物において仲間と共同で狩りをする例はなく、むしろ群れの中にあっても縄張り争いや獲物の争奪相手として同種他者を認識していたのではないか、というのです。
それを裏付けるように、同じアロサウルスがつけたと思われる腹肋骨の傷跡や頭骨の噛み跡が残された化石が見つかっています。


アロサウルスの成長と年齢

アロサウルスの切手

アロサウルスはほぼ全年齢の化石が発掘されており、成長と年齢に対する研究が進んでいます。

2006年に公開された論文によると、アロサウルスの寿命は22歳〜28歳で、15歳あたりが成長期。年間148kgほどの成長があったと推定されています。

また、推定10歳のアロサウルスからは"骨髄骨"という組織の跡が見つかりました。"骨髄骨"とは、産卵するメスがカルシウムを貯めておくためにつくる組織です。 アロサウルスが10歳には繁殖可能であったことがわかっています。

アロサウルスの切手

アロサウルスの切手


ビッグ・アル(Big Al)

アロサウルスBig Al(MOR 693)

アロサウルスMOR 693-ビッグ・アル(Big Al)の調査論文抜粋(1996年)
出典:PALEOPTHOLOGICAL ANALYSIS OF A SUB-ADULT ALLOSAURUS FRAGILIS (MOR 693) FROM THE UPPER JURASSIC MORRISON FORMATION WITH MULTIPLE INJURIES AND INFECTIONS.
by Rebecca Rochelle Laws, MONTANA STATE University-Bozeman, 1996

ティラノサウルスの"スー(Sue)"(愛称)のように、アロサウルスの中にも特に有名な個体があります。
1991年にアメリカ・ワイオミング州で発見された愛称"ビッグ・アル(Big Al)"で呼ばれる個体です。骨格の95%が残されていた、ほぼ完璧な標本でした。 一部の関節は接合された状態で発見されています。

標本番号MOR 693のビック・アルは、全長8m。やや小型で若い個体のようでした。1996年に、ビッグ・アル(Big Al)について調査研究されています。 "ビッグ・アル"は化石に残された傷跡から、骨髄炎に侵されていたことがわかっています。 歩行が困難になり、これが原因で致命的なダメージを負ったのではと推定されています。


アロサウルスの切手・化石

アロサウルスの全身骨格化石

全身骨格化石(2006年撮影)

アロサウルスの全身骨格化石

全身骨格化石(2005年撮影)

アロサウルスの全身骨格化石

全身骨格化石(2009年撮影)

アロサウルスの切手


アロサウルスの基本データ

学名(属名) Allosaurus
名前の意味⁄語源 異なるトカゲ
allos(異なる)[ギリシャ語]-saurus[ギリシャ語]
分類(分岐分類) 竜盤目・獣脚類(獣脚亜目・テタヌラ下目)
体長(大きさ) 約9-12m
食性 肉食
生息時期 ジュラ紀後期
下分類・種名 Allosaurus fragilis
Allosaurus europaeus
Allosaurus jimmadseni
Allosaurus tendagurensis
論文記載年 1877
記載論文 Notice of new dinosaurian reptiles from the Jurassic formation.
in American Journal of Science and Arts.
Marsh, Othniel Charles, 1877.

 
Copyright dino-tail.com & 恐竜のしっぽ.jp by S.Kanazawa, All Rights Reserved.
恐竜のしっぽサイトロゴ