スキフォクリニテス(ウミユリ)

Scyphocrinites


イントロダクション

スキフォクリニテス・エレガンスの化石

スキフォクリニテス・エレガンスの化石-Scyphocrinites elegans
モロッコ産
マイクレクション

ウミユリ(海百合)は名前に反して植物ではなく、ヒトデやウニの仲間 - 棘皮動物門に属する動物です。
現在では深海に棲んでいますが、古生代に最も栄え浅海にも生息していました。

ウミユリは、根や茎に見える部分・支持体と花びらのように見える腕(触手)をもち、海中のプランクトンを捕らえて食べています。


特徴

スキフォクリニテスは、シルル紀末期-デボン紀前期(約4億1600万年-4億1200万年前)に生息していました。
海面に浮きのような袋(lobolithと呼ばれる浮遊臓器)を浮かべて、茎の下に伸ばした腕(触手)を広げて生活していたようです。 化石から直感的に感じるイメージとは異なり、海面すれすれを浮遊する生物だったのです。

スキフォクリニテス・エレガンスの化石

スキフォクリニテス・エレガンスの化石-Scyphocrinites elegans
モロッコ産・デボン紀(約4億1000万年前)
マイクレクション

スキフォクリニテスの腕の間

スキフォクリニテスの腕の間
マイクレクション
フィルタのような細かい枝が並びます。

腕の間にはフィルターのような細かい枝が並ぶ、小さな生物を捕らえるのに適した構造でした。

北アフリカ(モロッコ)から良質な化石が産出することで有名ですが、ヨーロッパ、アジア、北アメリカなど広範囲で見つかっています。


スキフォクリニテスの切手・化石

スキフォクリニテスの化石

スキフォクリニテスの化石
国立科学博物館所蔵(2016年撮影)

スキフォクリニテス・エレガンスの化石

スキフォクリニテス・エレガンスの化石
マイコレクション


スキフォクリニテスの基本データ

学名(属名) Scyphocrinites
分類 ウミユリ綱-モノバラス目-スキフォクリニテス科
生息時期 シルル紀末期-デボン紀前期
下分類・種名 Scyphocrinites elegans
論文記載年 1833

 
Copyright dino-tail.com & 恐竜のしっぽ.jp by S.Kanazawa, All Rights Reserved.
恐竜のしっぽサイトロゴ