タルボサウルス

Tarbosaurus

タルボサウルス化石


イントロダクション

タルボサウルスの全身骨格化石

全身骨格化石(2013年撮影)

モンゴルで見つかったタルボサウルスは、北米のティラノサウルスと近縁と考えられています。白亜紀後期(約7500万年前-6500万年前)のアジア地域の王者でした。
「タルボサウルスを、ティラノサウルス属に含めるべき」と主張する学者もいますが、2003年頭骨に明らかな違いが認められるとする論文が発表されています。


特徴

前足はティラノサウルスよりも更に短く、2本の指を持っていました。鋭い歯は最大18cmあります。口の周りにあいた小さな穴は、神経や血管が通っていた跡と考えられています。

1948年に発見されたタルボサウルスの頭骨化石(標本番号PIN 553-1)には、脳を納めていた脳腔が保存されていました。脳の形状を計ることができたのです。 北米のティラノサウルスとは 三叉神経や補助神経などいくつかの脳神経根の位置が異なっていました。全長12mを誇るタルボサウルスの脳容積が、わずか184cm³だったと推定されました。 視力に関連する脳神経は小さく、その反面、嗅覚を司る嗅球や鋤鼻球が大きかったこともわかりました。臭いに対して、鋭敏だったことを示唆しています。

タルボサウルスの頭骨化石

頭骨化石(2009年撮影)

タルボサウルスの切手

タルボサウルスの全身骨格化石

全身骨格化石(2005年撮影)


幼体と成体の頭骨を比較する

タルボサウルスの幼体(子ども)と成体(大人)の頭骨化石を比べてみましょう。

タルボサウルス幼体と成体の頭骨比較

タルボサウルス幼体と成体の頭骨比較
  • ①幼体では低かった上顎骨が、大人になると高く盛り上がる。
  • ②頭頂部の突起が、大人になると高くなる。

華奢な幼体から、大きくなるにつれて力強い頭骨に変化していきます。噛む力も成長に伴って強くなっていったのでしょう。

また、幼体の頭骨-眼には硬化リングが存在します。このことは暗闇のなかでも視覚を確保していたことが示唆されています。 タルボサウルスの幼体が夜行性だった可能性を示すものですが、成体(大人)が夜行性だったかどうかはわかっていません。

タルボサウルス幼体の産状化石

タルボサウルス幼体の産状化石(2013年撮影)

タルボサウルスの全身骨格化石

全身骨格化石(2013年撮影)


発見と論文記載

1946年、モンゴル・ゴビ砂漠でソビエト連邦とモンゴルの共同発掘調査が行われました。メネゲト層Nemegt Formationで、大きな頭骨と脊椎を発見します。

タルボサウルスの頭骨

頭骨化石(2005年撮影)

1955年、ソビエト連邦の古生物学者エフゲニー・マレーエフ(Evgeny Maleev)は標本番号PIN 551-1に基づき、ティラノサウルスの新種ティラノサウルス・バタール(Tyrannosaurus bataar)と記載します。
反面、ソビエト連邦の古生物学者AK Rozhdestvenskyは、モンゴルで発見された標本は北米のティラノサウルスと異なる属にあたると考えていました。 のちに、マレーエフを含め古生物学者は「ティラノサウルスと異なること」を認め、タルボサウルス(Tarbosaurus)に改名されることになります。


オークション・密輸騒ぎ

タルボサウルスの切手

2012年6月、ニューヨークで開催されたオークションに「ティラノサウルス・バタール(Tyrannosaurus bataar)」として出品されたタルボサウルスの全身骨格は、105万ドル(当時約8300万円)で落札されました。 全長7m31cmのほぼ完全な骨格化石です。

しかし、「虚偽の申告をしてモンゴルから英国経由で密輸されたものだ」として、ニューヨークの検察当局・米移民税関捜査局が化石を差し押さえました。
オークションと密輸騒ぎで有名になったタルボサウルス・バタールは、2013年5月、モンゴルに返還されました。


タルボサウルスの切手・化石

タルボサウルスの切手

タルボサウルスの切手

タルボサウルスの切手

タルボサウルスの全身骨格化石

全身骨格化石(2013年撮影)


タルボサウルスの基本データ

学名(属名) Tarbosaurus
名前の意味 警告するトカゲ
tarbos(警告、恐怖)[ギリシャ語]-saurus(トカゲ)[ギリシャ語]
分類(分岐分類) 竜盤目・獣脚類(獣脚亜目・テタヌラ下目)
体長(大きさ) 約9-12m
食性 肉食
生息時期 白亜紀後期
下分類・種名 Tarbosaurus bataar
論文記載年 1955
模式種の記載論文 Giant carnivorous dinosaurs of Mongolia.
Doklady Akademii Nauk SSSR. 104.
by Maleev, Evgeny A. 1955.

 
Copyright dino-tail.com & 恐竜のしっぽ.jp by S.Kanazawa, All Rights Reserved.
恐竜のしっぽサイトロゴ