カウディプテリクス

Caudipteryx

カウディプテリクスの化石


イントロダクション

カウディプテリクスの化石

カウディプテリクスの化石(2015年撮影)
尾部に羽毛の跡があります。

カウディプテリクスは、1998年に中国で発見された羽毛恐竜です。白亜紀前期(約1億4400万年前-約9900万年前)に生息していました。


特徴

カウディプテリクスの尾先には、扇形に発達した羽毛が生えていました。

カウディプテリクスの全身骨格化石

全身骨格化石(2011年撮影)

カウディプテリクスの羽毛は飛ぶためにあったのではありません。
羽毛を前脚にも発達させていましたが、飛ぶことはできなかったようです。 現生の鳥類のもつような風切羽とは違い、羽軸にそって対称的に羽毛がついていました。 立派な羽は、個体を区別したり、保温、求愛行動に使われた可能性があります。現生動物でいうと、孔雀の羽みたいなもの。

口はくちばしとなっています。上顎には、小さな歯がついていました。
お腹の辺りからたくさんの小石が見つかっており、食べたものの消化を助けるための胃石と考えられています。雑食性だったと考えられています。

カウディプテリクスの切手

カウディプテリクスの切手


発見と論文記載

記載論文に掲載された頭骨スケッチ

カウディプテリクスの頭骨スケッチ-記載論文抜粋(1998年)
出典:Two feathered dinosaurs from northeastern China.
Nature. 393
by Ji, Q.; Currie, P.J.; Norell, M.A.; Ji, S. 1998.

1997年、中国北東部の遼寧省にあるYixian Formationから発見されました。 翌年、中国国立地質博物館のジ(Ji Qiang)やカナダ・ロイヤルティレル博物館のフィリップ・カリー(Philip J. Currie)などによって、タイプ種"カウディプテリクス・ゾゥイ(Caudipteryx zoui)"として論文に記載されます。それ以降 合計8体の化石が発掘されていますが、いずれも同地層からの産出となっています。
同地からは、ティラノサウルス類のディロングなども産出しています。


カウディプテリクスの基本データ

学名(属名) Caudipteryx
名前の意味 尾に羽を持つもの
cauda(尾)[ラテン語]-pteryx(羽)[ギリシャ語]
分類(分岐分類) 竜盤目・獣脚類(獣脚亜目・ コエルロサウルス類)
体長(大きさ) 約1m
食性 雑食
生息時期 白亜紀前期(約1億4400万年前-約9900万年前)
下分類・種名 Caudipteryx zoui
Caudipteryx dongi
論文記載年 1998
属名の記載論文 Two feathered dinosaurs from northeastern China.
Nature. 393
by Ji, Q.; Currie, P.J.; Norell, M.A.; Ji, S. 1998.

 
Copyright dino-tail.com & 恐竜のしっぽ.jp by S.Kanazawa, All Rights Reserved.
恐竜のしっぽサイトロゴ