世界の恐竜化石産地・地層

Dinosaur excavation area, the formation of the world


三畳紀の地層-恐竜化石産地

三畳紀は、恐竜が誕生した時期です。アルゼンチンに、最古の恐竜を有する地層が露出しています。

イスチグアラスト累層 - Ischigualasto Formation
アルゼンチン

エオラプトルの全身骨格化石

イスチグアラスト累層から産出したエオラプトル

イスチグアラスト累層(Ischigualasto Formation)は、チリとの国境近くにあるイスチグアラスト州立公園内にあります。約2億3000万年前の地層-恐竜最初期の地層を有しており 恐竜への進化と出現のなぞを解く鍵を握っていると考えられています。
三畳紀後期、この場所は雨季に強い雨が降る氾濫原だったようです。太い河が流れる植物豊かな土地でした。 多くの単弓類やワニの仲間、植物食のディキノドン類が闊歩し、肉食動物では全長7mを誇るサウロスクスが食物連鎖の頂点にいました。 恐竜はまだ小型で、食物連鎖の頂点にいたわけではありません。三畳紀は、どの系統が次世代の覇者となるかはわからない時代だったのです。

イスチグアラスト累層から発見された、主な恐竜

  • エオラプトル(竜脚形類)
  • ヘレラサウルス(獣脚類)
  • ピサノサウルス(鳥脚類)

 


ジュラ紀の地層-恐竜化石産地

ジュラ紀は、恐竜が大型化・多様化の道筋をつけた時期でした。
代表的な地層・産地は、アメリカのモリソン層とドイツのゾルンフォーフェンでしょう。

石樹溝層(ジュンガル盆地) - Shishugou Formation(Dzungar basin)
中国

マメンチサウルスの全身骨格化石

石樹溝層(ジュンガル盆地)から産出したマメンチサウルス

中国・新疆ウイグル自治区の北部にジュンガル盆地が形成され、約1億6400万年-1億5900万円前に堆積した石樹溝層(Shishugou Formation)が広がっています。 現在は砂漠・荒野地帯ですが、ジュラ紀の中・後期には湖があり周囲には緑豊かな扇状地があったと考えれています。

石樹溝層(ジュンガル盆地)から発見された、主な恐竜

  • マメンチサウルス(竜脚形類)
  • グアンロン(獣脚類)
  • シンラプトル(獣脚類)
  • リムサウルス(獣脚類)

 

モリソン層 - Morrison Formation
アメリカ

アロサウルスの全身骨格化石

モリソン層から産出したアロサウルス

モリソン層(Morrison Formation)は、北米ロッキー山脈の東側コロラド州、ワイオミング州を中心に広がる、約1億5000万年前の地層。砂岩、泥岩、頁岩、石灰岩で覆われ、さまざまな種類の土が特徴的な色をもって露出しています。砂岩は当時の砂丘の存在を示唆し、泥岩は雨季の洪水による平らな地表に堆積し、頁岩や石灰岩による層は池や湖など静かな水中で形成されたものです。
ジュラ紀後期のこの土地は、総じて乾燥していましたが雨季と乾季を繰り返すサバンナだったようです。 当時の二酸化炭素濃度の推定値から、冬でも平均20℃、夏には40-45℃の温かい環境だったと推定されています。 ジュラ紀を代表する恐竜たちが闊歩していました。

モリソン層には、アロサウルスに関して特別な化石産地があります。ユタ州のクリーブランド・ロイド発掘地です。 この地からは約10,000個を超える恐竜の化石が発掘されていますが、そのうち70%はアロサウルスのもの。 アロサウルス以外にも竜脚類や剣竜も見つかるけれども圧倒的に少数です。
生態系の常識から考えれば、大型の捕食者(肉食恐竜)はエサとなる草食恐竜よりも少ない個体数のはずですが、この発掘地では逆転しているのです。 現在有力な仮説は、「初めに少数の草食恐竜が泥に足をとられて動けなくなり、それを見たアロサウルスが一頭、一頭と沼に近づきはまり、次から次へと大型の捕食者(肉食恐竜)を集める罠となった」というものです。

モリソン層から発見された、主な恐竜

  • アパトサウルス(竜脚形類)
  • アロサウルス(獣脚類)
  • カマラサウルス(竜脚形類)
  • カンプトサウルス(鳥脚類)
  • ステゴサウルス(装盾類)
  • ディプロドクス(竜脚形類)
  • ミモオラペルタ(装盾類)
  • ブラキオサウルス(竜脚形類)

 

ゾルンフォーフェン(ゾルンホーフェン) - Solnhofen
ドイツ

始祖鳥の化石(ロンドン標本)

ゾルンフォーフェンから産出した始祖鳥

ゾルンフォーフェン(ゾルンホーフェン)(Solnhofen)は、おそらく世界で最も有名な化石産地です。ドイツ南部・バイエルン地方に、ジュラ紀後期-約1億5000万年前に堆積した石灰岩が露出しています。 現在までに発見されている始祖鳥は、すべて、このゾルンフォーフェン(ゾルンホーフェン)近郊から発見されています。

ジュラ紀後期当時、珊瑚礁の内側に出来た渇湖に細かい石灰岩が堆積していく土地で、塩分濃度の高い海水が溜められた場所だったようです。 水底では酸素が欠乏していました。そのため死骸を分解するバクテリアも少ない環境で、他所で亡くなってここに流されてきた動植物は分解される前に軟体部の印象(跡)を保存したものが多く見られます。 始祖鳥の他にも、アンモナイト、カブトガニ、魚類、エビ、昆虫など、600種を超える多彩な化石が発見・保存されます。

ゾルンフォーフェンから発見された、主な化石

  • アーケオプテリクス|始祖鳥(獣脚類)
  • コンプソグナトゥス(獣脚類)
  • ランフォリンクス(翼竜)
  • プテロダクティルス(翼竜)
  • メソリムルス(カブトガニ(節足動物))
  • エリオン(エビ・甲殻類)
  • ゲオコマ(ウミユリ(棘皮動物)
  • コマツレラ(ウミユリ(棘皮動物)

 

ジュラシック海岸 - The Jurassic Coast
イギリス

イクチオサウルスの頭骨

ジュラシック海岸から産出したイクチオサウルス

ジュラ紀の語源にもなっている海岸(The Jurassic Coast)です。三畳紀、ジュラ紀、白亜紀の岩石層で形成され、約1億8,500万年間の生物相を閉じ込めています。
三畳紀この地域は砂漠でしたが、ジュラ紀には熱帯海の一部となり、白亜紀には沼地で覆われていたようです。

1811-1847年に活躍した有名な古生物学者メアリ-・アニングの活動拠点としても有名な土地。
ミネラルショー(鉱物・化石の即売会)などでは、ジュラシック海岸から産出したアンモナイトの化石が多く並びます。

ジュラシック海岸から発見された、主な化石

  • イクチオサウルス(魚竜)
  • プレシオサウルス(首長竜)
  • ディモルフォドン(翼竜)

 


白亜紀の地層-恐竜化石産地

恐竜の繁栄と絶滅への衰退を経た時期です。ティラノサウルスやトリケラトプスを有するアメリカのヘルクリーク層が有名ですが、 近年中国の熱河層群から産出する羽毛恐竜が注目を集めています。

熱河層群 -Jehol Group
中国

ミクロラプトル・グイの全身骨格

熱河層群から産出したミクロラプトル・グイ

熱河層群(Jehol Group)は、中国遼寧省西部に広がる、白亜紀前期-約1億3000万年-1億1000万年前の地層です。
湖沼などの水系の発達と火山噴火の現象による堆積物がおおく、細かい土砂により魚のうろこや昆虫の翅など細部まで保存されている化石が見つかっています。
特に熱河層群が注目を集めたのが、1996年に記載された初めての羽毛恐竜シノサウロプテリクスの発見でした。 それ以降、熱河層群では羽毛恐竜の発見が相次いでいます。「どうして、熱河層群から羽毛恐竜の産出が多いのか」。 大きな理由として挙げられるのは、熱河層群の化石はきめ細かい灰岩によって埋積されたので、繊細な羽毛の痕跡が良好な状態で保存されたためと考えられています。 また、当時この土地の平均気温は10℃ほど(現在の東北地方北部と同等)だったとする研究結果が出されています。 熱河層群における外部環境が、羽毛の発達を促したのかもしれません。

熱河層群から発見された、主な恐竜

  • プシッタコサウルス(周飾頭類)
  • ミクロラプトル(獣脚類)
  • シノサウロプテリクス(獣脚類)
  • シノベナトル(獣脚類)
  • ジェホロサウルス(鳥脚類)
  • ディロング(獣脚類)
  • メイ(獣脚類)
  • ユティランヌス(獣脚類)

 

ダイナソーパーク累層 - Dinosaur Park Formation
カナダ

カスモサウルスの全身骨格化石

ダイナソーパーク累層から産出したカスモサウルス

ダイナソーパーク累層(Dinosaur Park Formation)は、カナダ・アルバータ州立恐竜公園(ユネスコの世界遺産にも登録されています)に広がる、約7500万年前の地層です。
公園は荒れた地形をもつレッドディア川(Red Deer River)渓谷に位置し、多くの恐竜を産出しています。

ダイナソーパーク累層から発見された、主な恐竜

  • エウオプロケファルス(装盾類)
  • エドモントニア(装盾類)
  • オルニトミムス(獣脚類)
  • カスモサウルス(周飾頭類)
  • コリトサウルス(鳥脚類)
  • ステゴケラス(周飾頭類)
  • スティラコサウルス(周飾頭類)
  • ダスプレトサウルス(獣脚類)
  • ドロマエオサウルス(獣脚類)
  • パラサウロロフス(鳥脚類)

 

ランス累層 - Lance Formation
アメリカ

ランス累層(Lance Formation)は、後で述べるヘルクリーク累層より若干上部(新しい)層。ワイオミング州にまたがる約6900万年-6600万年前の地層が露出しています。

当時この土地は、亜熱帯気候でした。 見つかる化石のほとんどは陸上~淡水動物ですが、一部海棲の化石もみられ近くに海があったことを示唆しています。

ランス累層から発見された、主な恐竜

  • アンキロサウルス(装盾類)
  • エドモントサウルス(鳥脚類)
  • トリケラトプス(周飾頭類)
  • トロサウルス(周飾頭類)

 

ヘルクリーク累層 - Hell Creek Formation
アメリカ

ティラノサウルス-ジェーンの頭骨化石

ヘルクリーク累層から産出したティラノサウルス(ジェーン)

ヘルクリーク累層(Hell Creek Formation)は、アメリカのモンタナ州、ノースダコタ州、サウスダコタ州、ワイオミング州にまたがる約6550万年前の地層。
白亜紀末期から新世代に移るK-Pg境界がみられる箇所も残されています。

恐竜を含む多くの化石を産出しており、白亜紀末期当時は亜熱帯気候だったことがわかっています。

ヘルクリーク累層から発見された、主な恐竜

  • アンキロサウルス(装盾類)
  • エドモントサウルス(鳥脚類)
  • ストルティオミムス(獣脚類)
  • ティラノサウルス(獣脚類)
  • トリケラトプス(周飾頭類)
  • トロサウルス(周飾頭類)
  • パキケファロサウルス(周飾頭類)

 

 
Copyright dino-tail.com & 恐竜のしっぽ.jp by S.Kanazawa, All Rights Reserved.
恐竜のしっぽサイトロゴ