恐竜は何種類くらいいた

Dinosaur number of types


恐竜の種類

恐竜は今までに約800種類が報告されています。

しかしながら、恐竜に代表される古生物では全身骨格が見つかることは稀です。歯1本で新種として同定されるケースも多く、性別や成長による差異も含めて どの程度有効な種がいたのかはわからないでしょう。
福井県立恐竜博物館Webサイトによると、「800種のうち、有効と考えられるのは336種であるそうです」と掲載されています(2017年12月時点)。

さらに1990年から2017年頃までに新たに200種が加えられ、オーストラリアやアフリカにはまだ知られていない新種の恐竜が数多く眠っていると期待されています。

ある計算によると、恐竜は約900種とも1500種ともいわれています。
生息していたすべての恐竜が化石になるわけではありません。すべての化石が発見されるわけでもありません。 性差(オスとメス)による形態の違いや、同一種でも成長に応じて変化する身体的な特徴もあるでしょう。 残された化石から、現在存在していない生物について、それらの条件を特定することは困難です。 今後研究が進んでも、残念ながら「恐竜が何種類いたか」を正確に把握することはできないかも知れません (たとえ正確に把握できたとしても、それを検証する術がありません)。

 
Copyright dino-tail.com & 恐竜のしっぽ.jp by S.Kanazawa, All Rights Reserved.
恐竜のしっぽサイトロゴ