プレシオサウルス

Plesiosaurus


イントロダクション

プレシオサウルスの切手

プレシオサウルスは日本人にとって馴染み深い首長竜です。アニメ「ドラえもん」に登場するピー助や映画「遠い海から来たCoo」などに、プレシオサウルスの幼体が登場しています。

未確認動物UMAのひとつであるネッシーはイギリス-ネス湖に閉じ込められたプレシオサウルスの末裔と仮定されていました。 ただしネス湖が形成されたのは地質的に新しく、首長竜が生息した中生代には湖自体が存在していなかったことがわかっています。


特徴

プレシオサウルスの切手

プレシオサウルスは、ジュラ紀前期(約1億9960万年前-約1億7560万年前)に生息した首長竜です。
イングランド南部のドーセット海岸やドイツのホルツマーデンなどからほぼ完全な骨格化石が見つかっています。頸椎(首の骨)は38~42個保存されており、21の背骨、28の尾椎骨が並んでいました。

小さな頭部、長くて細い首、丸みを帯びた身体、短い尾、大きいパドル(前肢)が特徴的です。

プレシオサウルスは、主に魚を捕食していたようです。当時の海には獰猛な魚竜(たとえば、ステノプテリギウス)が食物連鎖の頂点にいましたが、魚竜の主食はアンモナイトやペレムナイトなどの頭足類だったとみられており、 魚を食べるプレシオサウルスとは棲み分けが出来ていたのかも知れません。
成体の腹部に幼体の化石が重なって発見されたことから、卵胎生だったことが示唆されています。

プレシオサウルスの切手


プレシオサウルスの切手・化石

プレシオサウルスの切手

プレシオサウルスの切手


プレシオサウルスの基本データ

学名(属名) Plesiosaurus
和名 プレシオサウルス
名前の意味 爬虫類に似た
分類 首長竜目・プレシオサウルス亜目・プレシオサウルス科
全長 約3.5 - 5m
食性 肉食(魚食)
生息時期 ジュラ紀前期(約1億9960万年前-約1億7560万年前)
下分類・種名 Plesiosaurus dolichodeirus
Plesiosaurus guilelmiimperatoris
論文記載年 1821

 
Copyright dino-tail.com & 恐竜のしっぽ.jp by S.Kanazawa, All Rights Reserved.
恐竜のしっぽサイトロゴ