フタバサウルス|フタバスズキリュウ

Futabasaurus


イントロダクション

フタバサウルス(フタバスズキリュウ)の全身骨格化石

全身骨格化石(2011年撮影)

国内では、和名フタバスズキリュウ(双葉鈴木竜)の名で有名な首長竜です。

1968年、福島県いわき市の双葉層群から当時高校生だった鈴木さんが発見。「日本で初めて発見された首長竜」として有名になりました。 2006年、新属・新種であることが判明し、学名"フタバサウルス・スズキイ(Futabasaurus suzukii)"が与えられました。
模式標本は、国立科学博物館が所蔵しています。


特徴

フタバサウルス(フタバスズキリュウ)の頭骨化石

頭骨化石(2011年撮影)

フタバサウルス(フタバスズキリュウ)は、白亜紀後期(約8000万年前)の日本近海に生息した首長竜です。
プレシオサウルス上科エラスモサウルス科に属しています。

1968年に発見された場所からは80個以上のサメの歯化石が見つかっています。 フタバサウルスの骨にも刺さった歯もあり、サメの群れに襲われたか、死後に捕食されたものと考えられています。

フタバサウルス(フタバスズキリュウ)の全身骨格化石

全身骨格化石(2011年撮影)


フタバサウルス|フタバスズキリュウの基本データ

学名(属名) Futabasaurus
和名 フタバスズキリュウ
名前の意味 双葉層(発見された地層の名称)のトカゲ
分類 首長竜目・プレシオサウルス上科・エラスモサウルス科
全長 約7m
食性 肉食
生息時期 白亜紀後期
下分類・種名 Futabasaurus suzukii
論文記載年 2006

 
Copyright dino-tail.com & 恐竜のしっぽ.jp by S.Kanazawa, All Rights Reserved.
恐竜のしっぽサイトロゴ