スティラコサウルス

Styracosaurus

スティラコサウルス化石


イントロダクション

スティラコサウルスの頭骨化石

頭骨化石(2017年撮影)

スティラコサウルスは全長約5.5m、体重3tと推定されています。
白亜紀後期の北米に生息したケラトプス類としては小型ですが、頭部にはかなり派手な角が生えていました。

角竜の中では、トリケラトプスの次に人気のある属ではないでしょうか。


特徴

スティラコサウルスの切手

スティラコサウルスのフリル後方から6本の長いとげが伸びており、角竜の中でも派手なフリルをしています。軽量化のために、フリルには大きな穴が空いていました。

成長段階の違う複数の保存状態のよい全身骨格、頭骨の化石が発掘されており、成長によって頭骨のトゲが長くなっていく様子がわかっています。 大きく派手な形状のフリルは、体温調節をするための熱交換器ラジエータの役目を果たした可能性や、性的なアピールのためのものとする説が提唱されています。

スティラコサウルスのフリルの一部

スティラコサウルスのフリルの一部(2014年撮影)

スティラコサウルスの切手

スティラコサウルスの切手


初めての論文記載

スティラコサウルス記載の論文(1913年)

スティラコサウルスの記載論文抜粋(1913年)
A new genus and species from the Belly River Formation of Alberta. Ottawa Naturalist
by Lawrence M. Lambe. 1913.

カナダ・アルバータ州で発見された角竜は、1913年ローレンス・ランベLawrence Lambeによって"スティラコサウルス(Styracosaurus)"と命名されました。

その後1935年にカナダRoyal Ontario博物館によって本格的な発掘再調査が行われ、下顎を含む多くの骨格化石を発掘、スティラコサウルスが全長5.5メートルほどの大きさであったことがわかりました。


スティラコサウルスの切手・化石

スティラコサウルスの切手

スティラコサウルスの頭部模型

スティラコサウルスの頭部模型(2014年撮影)

スティラコサウルスの頭骨化石

スティラコサウルスの頭骨化石(2011年撮影)
国立科学博物館の壁面に展示されているもの


スティラコサウルスの基本データ

学名(属名) Styracosaurus
名前の意味 とげのあるトカゲ
styrako(棘)[ギリシャ語]-saurus(トカゲ)[ギリシャ語]
分類(分岐分類) 鳥盤目・周飾頭類 (周飾頭亜目・角竜下目)
体長(大きさ) 約5.5m
食性 草食
生息時期 白亜紀後期
下分類・種名 Styracosaurus albertensis
論文記載年 1913
模式標本の記載論文 A new genus and species from the Belly River Formation of Alberta. Ottawa Naturalist
by Lawrence M. Lambe. 1913.

 
Copyright dino-tail.com & 恐竜のしっぽ.jp by S.Kanazawa, All Rights Reserved.
恐竜のしっぽサイトロゴ