ガリミムス

Gallimimus

ガリミムスの化石


イントロダクション

ガリミムスの右前肢後脚化石

ガリミムスの右前肢・後脚化石(2013年撮影)

ガリミムスは、最も速い恐竜の一種だと推定されています。
軽い身体(推定400kg)に力強く発達した後脚をもち、このグループを「ダチョウ恐竜」と呼ぶこともあります。


特徴

ガリミムスは、最も速い恐竜の一種です。
体の割合に対する脛骨の長さなど 速い動物の特徴を備えており、 その骨格から、時速45-60kmほどで走ることができたと考えられています。長い尾は、バランスをとるのに使われていました。 脚を活かした逃亡が、外敵からの最も有力な防衛手段だったようです。

1988年、ガリミムスの眼球はあまり動かなかったことを示唆する研究結果が発表されました。
現生の草食動物と同様 側面についた眼は視野を広げましたが、首を動かさないと周りを見渡すことはできませんでした。 まるでダチョウや鳩のように、頭をくるくると回しながら捕食者からの攻撃を警戒していたのかも知れません。

ガリミムスの骨格化石

骨格化石(2011年撮影)

頭骨の化石から、脳が大きかったことも分かっており、比較的知能の高い恐竜であったと思われています。

ガリミムス幼体の化石

ガリミムス幼体の化石(2004年撮影)

ガリミムスの切手


食性

獣脚類ですが鋭い歯は無く、食性(捕食の仕方、食べていたもの)はいまだに議論の最中です。

ガリミムスの切手

2001年、ゴビ砂漠で見つかったガリミムスのくちばしには、櫛に似たフィルターが備わっていた痕跡がありました。 恐竜で初めて、濾過食(現生ではフラミンゴなどが水を濾過して小さな生物を食べています)の可能性が示唆されました。 翼竜にも同じようなフィルターをもつものがいます。ガバッと川や沼の水を口に含んで、小さな甲殻類、魚、植物、昆虫などを濾しとっていたと推定されています。


発見と論文記載

1963年-1965年、ポーランドとモンゴルの科学アカデミーは、共同でゴビ砂漠で発掘調査を行いました。

ガリミムスの頭骨スケッチ-記載論文

ガリミムスの頭骨スケッチ-記載論文抜粋(1972年)
出典:A New Dinosaur, Gallimimus bullatus N. GEN., N. SP. (Ornithomimidae) From the Upper Cretaceous of Mongolia.
Palaeontologia Polonica. 27.
by Osmolska, H.; Roniewicz, E.; Barsbold, R. 1972.

1972年、モンゴルの古生物学者リンチェン・バーズボールド(Rinchen Barsbold)らはそのときに発掘された標本(標本IGM 100/11)に基づき、 新属新種としてガリミムス(Gallimimus bullatus)を記載します。 標本番号 IGM 100/11は、歪んだ鼻、不完全な下顎、脊椎シリーズ、骨盤などのほぼ完全な骨格で構成されています。


ガリミムスの切手・化石

ガリミムスの切手

ガリミムスの切手


ガリミムスの基本データ

学名(属名) Gallimimus
名前の意味 ニワトリモドキ
gallus(ニワトリ)[ラテン語]-mīmos(もどき、模倣)[ギリシャ語]
分類(分岐分類) 竜盤目・獣脚類(獣脚亜目・テタヌラ類)
体長(大きさ) 約4-6m
食性 雑食
生息時期 白亜紀後期
下分類・種名 Gallimimus bullatus
Gallimimus mongoliensis
論文記載年 1972
属名の記載論文 A New Dinosaur, Gallimimus bullatus N. GEN., N. SP. (Ornithomimidae) From the Upper Cretaceous of Mongolia.
Palaeontologia Polonica. 27.
by Osmolska, H.; Roniewicz, E.; Barsbold, R. 1972.

 
Copyright dino-tail.com & 恐竜のしっぽ.jp by S.Kanazawa, All Rights Reserved.
恐竜のしっぽサイトロゴ