コンカベナトール

Concavenator

コンカベナトール(コンカヴェナトル)の化石


イントロダクション

コンカベナトール(コンカヴェナトル)の全身骨格化石

全身骨格化石(2015年撮影)

コンカベナトールは、スペインで発見された獣脚亜目に属する恐竜です。
名前の意味は、発見地スペインの地名にちなみ"クエンカのこぶのあるハンター"。 日本語では、コンカベナトル、コンカヴェナトルと表記されることもあります。


特徴

コンカベナトール産状化石

コンカベナトール産状化石(2015年撮影)

コンカベナトールは、スペインのラス・オヤス(Las Hoyas)でほぼ全身が保存された状態で発見されました。 全長約6mの獣脚類で、背中の後方にこぶのような盛り上がりをもつ珍しい恐竜です。
胴椎(背骨)は計13個。完全に関節されていた状態で見つかっています。 後方2つの胴椎(第11と12)では神経棘が極端に長く、第10胴椎の約2倍以上の長さがありましたが、 この長い胴椎 こぶの機能・目的はよくわかっていません。

後脚(後肢)は、関節が外れているものの完全に残されていました。右後脚(後肢)には、一部皮膚の軟組織も保存されています。

アロサウルス上科カルカロドントサウルス類に属しています。

コンカベナトールの全身骨格化石

全身骨格化石(2015年撮影)


白亜紀のラス・オヤス(Las Hoyas)

コンカベナトールの復元模型

復元模型(2015年撮影)

コンカベナトールが生息した当時-白亜紀前期(約1億2500万年前)のラス・オヤスは、亜熱帯気候の湿地帯だったと考えれています。 エビやワニ形類、魚類などの水棲生物を中心に、昆虫やトカゲ、鳥類の多様な化石が発見されています。
この地が大型獣脚類コンカベナトールのなわばりだったとすれば、生態系の頂点近くにいたのでしょう。


コンカベナトールの基本データ

学名(属名) Concavenator
名前の意味⁄語源 クエンカのハンター
Cuence(スペインのクエンカ県の)[地名]-vēnātor(ハンター)[ラテン語]
分類(分岐分類) 竜盤目・獣脚類(獣脚亜目・テタヌラ類アロサウルス上科)
体長(大きさ) 約6m
食性 肉食
生息時期 白亜紀前期(約1億2500万年前)
下分類・種名 Concavenator corcovatus
論文記載年 2010

 
Copyright dino-tail.com & 恐竜のしっぽ.jp by S.Kanazawa, All Rights Reserved.
恐竜のしっぽサイトロゴ