ハルペス(三葉虫)

Harpes


特徴

ハルペス(ヘルペス)_Harpesの化石

ハルペス(ヘルペス)-Harpes
モロッコ産
マイクレクション

ハルペス(Harpes)属は、かつてプティコパリア目(Ptychopariida )の中に分類されていましたが、 現在では独立したハルペス目(Harpetida)として分類されています。

帽子のつばのような広がりが頭周りに発達しています。まるで、ロボットアニメに出てくるヘルメットのようです。
デボン紀中期(約4億1600万年-3億5900万年前)に生息していました。示準化石としても用いられます。
モロッコ産の化石が有名ですが、ドイツからも産出しています。

ハルペス(ヘルペス)Harpes(三葉虫)の化石

ハルペス(ヘルペス) - Harpes
モロッコ産
マイクレクション

カタカナ表記では、"ヘルペス"と記載されることもあります。


帽子のつばの役割

ハルペス(ヘルペス)のつば

ハルペス(ヘルペス)-Harpes
モロッコ産
マイクレクション
つばの部分には小さな穴が多数空いています。

ハルペスのつばには、多数の微細な穴が空いていました。

ハルペスの食性は濾過食だったようです。微細な穴は、食物を摂取するため海底の泥をこしとる役目を果たしたと考えれています。 泥をスコップですくうように、頭で泥をすくっていたのでしょう。
その姿を想像すると、頭の形状はヘルメットではなくスコップに見えてきます。

ハルペス(ヘルペス)Harpes(三葉虫)の化石

ハルペス(ヘルペス) - Harpes
モロッコ産
マイクレクション


ハルペスの切手・化石

ハルペスの化石

ハルペス(ヘルペス) - Harpes
マイクレクション

三葉虫ハルペス(ヘルペス)の化石

ハルペス(ヘルペス) - Harpes(2017年撮影)
茨城県自然博物館所蔵

三葉虫ハルペスの化石

ハルペス(ヘルペス) - Harpes(2016年撮影)
国立科学博物館所蔵


ハルペスの基本データ

学名(属名) Harpes
分類 三葉虫綱-ハルペス目
生息時期 デボン紀中期
下分類・種名 Harpes kylindrorhachis
Harpes macrocephalus
Harpes perradiatus
Harpes ungula
Harpes venulosusなど
論文記載年 -

 
Copyright dino-tail.com & 恐竜のしっぽ.jp by S.Kanazawa, All Rights Reserved.
恐竜のしっぽサイトロゴ