恐竜をさらに分類すると

More classifying organisms


竜盤目

竜盤目

竜盤目

竜盤目は、さらに以下の2種類に分けられます。

  • 獣脚類(じゅうきゃくるい)
  • 竜脚形類(りゅうきゃくけいるい)

獣脚類(アクロカントサウルス)の全身骨格化石

獣脚類(アクロカントサウルス)の全身骨格化石

今まで発見された肉食恐竜は、すべて獣脚類に属しています。(逆に、獣脚類がすべて肉食恐竜であったわけではありません。ジュラ紀後期に生息したチレサウルスは獣脚類でありながら、植物食だったと推定されています)
2本足で歩く特徴があり、2億3000万年前、恐竜発生初期の段階でエオドロマエウスやヘレラサウルス等の獣脚類がいたことがわかっています。

また、一部の獣脚類が現生の鳥に進化したことは定説となっています。

代表的な獣脚類には、ティラノサウルス、アロサウルス、ドロマエオサウルス、ヴェロキラプトル、スピノサウルス、オヴィラプトル等がいます。

竜脚形類(ディプロドクスの全身骨格化石)

竜脚形類(ディプロドクスの全身骨格化石)

竜脚形類は、大型の草食恐竜です。 別名[かみなり竜]とも呼ばれ、体の大きさに比べて頭が小さく首が長いのが特徴です。
プラテオサウルスなど初期の竜脚形類は2本足歩行するものがいましたが、さらに大きくなる過程で4本足で歩くようになりました。 4本足で歩くことと、大型化が関係しているのかも知れません。

代表的な竜脚形類には、アパトサウルス、ブラキオサウルス、ディプロドクス、アルゼンチノサウルス、カマラサウルス等がいます。


鳥盤目

鳥盤目

鳥盤目

鳥盤目は、さらに以下の3種類に分けられます。

  • 周飾頭類(しゅうしょくとうるい)
  • 装盾類(そうじゅんるい)
  • 鳥脚類(ちょうきゃくるい)

周飾頭類(トリケラトプス)の全身骨格化石

周飾頭類(トリケラトプス)の全身骨格化石

周飾頭類には、頭部に角やエリ飾りをもつ<角竜>と頭頂部が硬くふくらみをもつ<石頭竜>が属しています。

角竜の特徴はオウムのようなくちばしを持っていることです。中国やモンゴルで初期の角竜が見つかっており、『角竜の発生・起源はアジアで、そこから他の地域に進出した』と考えられています。
プシッタコサウルスやアーケオケラトプスなど初期の角竜は2足歩行が可能でした。竜脚形類と同様、角竜も大型化・進化に伴って4足歩行へと移っていきました。

代表的な周飾頭類には、トリケラトプス、スティラコサウルス、プロトケラトプス、パキケファロサウルス等がいます。

装盾類(ガストニア)の全身骨格化石

装盾類(ガストニア)の全身骨格化石

装盾類には、背中やしっぽにトゲを持つものや身体を硬い骨で覆う恐竜が属しています。 <剣竜>や<よろい竜>などとよばれる恐竜たちが属しています。

この種類に属した恐竜は総じて、俊敏ではなかったようです。肉食恐竜に襲われた時に、尾の先のスパイク状のトゲやハンマーのような骨の塊を振り回して、「逃げる」以外の対抗手段をもっていました。

代表的な装盾類には、ステゴサウルス、ケントロサウルス、アンキロサウルス、サイカニア等がいます。

鳥脚類(サフロロフス)の全身骨格化石

鳥脚類(サフロロフス)の全身骨格化石

鳥脚類は、ゆっくり歩く時は4本足歩行、走る時には2本足歩行も可能だったようです。 特に白亜紀中期以降に爆発的に拡散し、南極大陸を含むほぼ全ての地域で生息していました。

代表的な鳥脚類には、イグアノドンやパラサウロロフス、マイアサウラ、コリトサウルス等がいます。


新しい分類への挑戦

2017年3月、世界的な科学誌"Nature"に、恐竜の分類に関する新たな説が掲載されました。

従来は、<竜盤目>と<鳥盤目>に大きく枝分かれしたあとに、それぞれに「獣脚類」「竜脚形類」、「周飾頭類」「装盾類」「鳥脚類」が含まれていました。(このページの主題となっています。)

恐竜の分類(従来・現状)

恐竜の分類(従来・現状)

新しい提案として、「竜脚類」と「ヘレラサウルス類」で<竜盤目>を成し、「獣脚類」と「鳥盤目」で<Ornithoscelida(鳥肢類)>を形成しています。

恐竜の分類(新提案)

恐竜の分類(新提案)

 
Copyright dino-tail.com & 恐竜のしっぽ.jp by S.Kanazawa, All Rights Reserved.
恐竜のしっぽサイトロゴ