地球には、多くのがいました。
2億3000万年前に現われて、6550万年前に姿を消した
のちに「恐竜」と呼ばれる彼らのことを知りましょう。

恐竜とは

学術的な恐竜の定義は、
「鳥とトリケラトプスの直近の共通祖先と、そのすべての子孫」
ということになります。

「竜盤目・獣脚類[鳥]と鳥盤目・周飾頭類[トリケラトプス]の直近の共通祖先から進化したグループを、恐竜と呼びましょう」と決めているのです。

詳細は [恐竜とは -定義と特徴-]

 

 

恐竜が絶滅した理由

「恐竜が絶滅して、カメやワニが生き残った理由」はどこにあるのでしょう。
それは、[生息地]、[光合成植物への依存度]によって説明されています。
白亜紀末の大量絶滅では、陸上に生息していた生物の90%が姿を消したのに対し、河川や沼などの淡水に生息していた生物では10%しか絶滅していないのです。

詳細は [恐竜が絶滅した理由]

 

 

 

更新情報

 

ピックアップ

小学3年生の夏休みに、父と行った恐竜博。
「地球には、こんなに大きな動物がいた!」
初めて観る大きな骨格化石に、衝撃を受けたのを覚えています。
私が恐竜を好きになるきっかけでした。

彼らはいまだ謎の多い存在ですが、新たな発見や研究技術の進歩によって、近年 描かれる姿が変わりつつあります。
群れで俊敏に動き回る、羽毛に覆われた恐竜たち。年々報告される新しい化石や学説に、夏休みに感じた驚きが続きます。

恐竜へのドキドキを、共有しましょう。