メガロサウルス(Megalosaurus)

基本データ

 

学名 (属名) Megalosaurus
名前の意味 大きなトカゲ
分類 (分岐分類) 竜盤目・獣脚類  (獣脚亜目・テタヌラ下目)
体長 約5〜8メートル
食性 肉食
生息時期 ジュラ紀中期〜後期

 

特徴

 

ジュラ紀中期〜後期に、アジア、北米・ヨーロッパの広範囲に生息した恐竜です。

メガロサウルスの切手1

メガロサウルスの切手

後ろ足には4本、前足には3本の指がありました。

 

メガロサウルスの切手2

メガロサウルスの切手

 

世界で初めて名付けられた恐竜

 

1824年オックスフォード大学のバックランド教授は、それから10年ほど前にジェームス・パーキンソンによって発見されていた爬虫類に  「メガロサウルス」 と名付けて発表します。

世界で初めて名付けられた恐竜となりました。

メガロサウルスの下あご化石

メガロサウルスの下顎化石(2005年撮影)

メガロサウルスの切手3

メガロサウルスの切手