フクイラプトル(Fukuiraptor)

基本データ

 

学名 (属名) Fukuiraptor
名前の意味 福井(地名)の泥棒
分類 (分岐分類) 竜盤目・獣脚類  (獣脚亜目・テタヌラ下目)
体長 約4メートル
食性 肉食
生息時期 白亜紀前期

 

特徴

 

フクイラプトルは、日本で初めて"肉食恐竜"として命名された獣脚類です。
名前は発掘された土地[福井]に由来しており、福井県勝山市にある手取層と呼ばれる白亜紀の地層から発見されました。 アロサウルスの仲間と考えられています。

フクイラプトルの全身骨格化石

フクイラプトルの全身骨格化石(2008年撮影)

 

フクイラプトルの発見された化石からは推定全長4.2メートルとされていますが、この標本はまだ成長段階であり 成体ではもう少し大きくなる可能性があります。

フクイラプトルの切手

フクイラプトルの切手