スピノサウルス(Spinosaurus)

基本データ

 

学名 (属名) Spinosaurus
名前の意味 とげを持つトカゲ
分類 (分岐分類) 竜盤目・獣脚類  (獣脚亜目・テタヌラ下目)
体長 約13〜15メートル
食性 肉(魚)食
生息時期 白亜紀後期

 

特徴

 

スピノサウルスは、ギガノトサウルスと並ぶ最大級の獣脚類です。

スピノサウルスの子供の全身骨格

スピノサウルスの子供の全身骨格(2009年撮影)

ワニのように長細いアゴと、大きな背中の帆が特徴的です。
細長いアゴと、比較的真っ直ぐな歯の形から、主に魚を捕らえて食べていたものと推測されています。

大きな背中の帆の役割はよく分かっていませんが、体温調節のために使われたとする説が有力です。

 

スピノサウルスの切手2

スピノサウルスの切手

 

ティラノサウルスなど他の10〜13メートル級大型獣脚類に比べると、スピノサウルスの後脚は細く華奢なつくりになっています。また前脚ががっしりしていることから、獣脚類としては珍しく四足歩行をしていた可能性も指摘されています。

スピノサウルスの全身骨格化石

スピノサウルスの全身骨格化石(2016年撮影)

 

水中での生活に適応?

 

2014年 米シカゴ大学などの研究チームは、「スピノサウルスは、水中での生活に適していた」とする研究結果を発表しました。

化石標本をデジタル化して骨格の構造を調べた結果、”浮力を得るのに適した骨密度”や”水中で過ごすのに適した鼻”が備わっていることが分かったのです。

スピノサウルスの頭部(鼻)の先端には小さな穴がたくさんあいています。現生のワニにも同じ構造が見られます。頭部先端の神経系が発達しており、濁った水中でも食物となる魚を感知するセンサーの機能を果たしていると考えられています。

スピノサウルスの頭部化石

スピノサウルスの頭部化石(2016年撮影)
先端にはたくさんの小さな穴が確認できます

 

スピノサウルスの切手3

スピノサウルスの切手

陸棲動物である恐竜の一種が水中での生活に適応していたことは、これまでの恐竜観を見直すきっかけになるかも知れません。

 

発見

 

スピノサウルスは、1915年にドイツの古生物学者によってエジプトで発見されました。
発見された新種化石はドイツに持ち帰られましたが、1944年に第2次世界大戦で焼失してしまいます。

スピノサウルスの切手1

スピノサウルスの切手

 

近年、モロッコなどでもスピノサウルスの化石が見つかっています。
特に、スピノサウルス類の歯化石が大量に出土しており、比較的安価で売られているのを見かけます。

現在は砂漠などの乾燥した地域から見つかっていますが、当時は水辺だったと考えられています。

スピノサウルスの全身骨格

スピノサウルスの全身骨格(2009年撮影)