シノサウロプテリクス(Sinosauropteryx)

基本データ

 

学名 (属名) Sinosauropteryx
名前の意味 中華竜鳥 (中国の羽毛を持つトカゲのような鳥)
分類 (分岐分類) 竜盤目・獣脚類  (獣脚亜目・テタヌラ下目)
体長 約1メートル
食性 肉食
生息時期 白亜紀前期

 

特徴

 

シノサウロプテリクスは、「羽毛の痕跡を残した状態で発見された、初めての恐竜」として、1996年に公表されました。

復元予想模型

シノサウロプテリクスの復元模型

中国で発見されたこの化石は、「恐竜の1グループが、鳥へと進化した有力な証拠のひとつ」として有名です。

 

シノサウロプテリクスの切手1

シノサウロプテリクスの切手

 

シノサウロプテリクスの羽毛は「飛ぶための羽」ではありませんでした。
羽毛を身につけた初期の目的は「体温の保持」だと考えられています。
身体のバランスをとるための長い尾も特徴的です。

シノサウロプテリクスの全身骨格

シノサウロプテリクスの全身骨格(2008年撮影)

 

羽毛痕跡の論争

 

シノサウロプテリクスは、「羽毛の跡を残した恐竜化石」として1996年に公表されましたが、

シノサウロプテリクスの化石

シノサウロプテリクスの化石(2011年撮影)

2007年に南アフリカの研究チームから「標本を調べたところ、羽毛のように見える繊維質の痕跡は、羽毛ではなくコラーゲン繊維の跡である」との見解が発表されました。

最新の研究では、この痕跡部分にメラノゾームという細胞内小器官が詰まっており、これは現生鳥類の羽毛には含まれるがコラーゲン繊維には含まれないことから、やはり「羽毛の跡」とする説が有力となっています。

 

また、シノサウロプテリクスの発見以降「羽毛恐竜」の存在は多く知られており、その他  酸素を効率よく取り入れる気嚢などの類似性からも「恐竜が鳥の祖先である」説は有力な地位を築いています。

シノサウロプテリクスの切手

シノサウロプテリクスの切手

 

羽毛色の特定

 

2010年、羽毛の化石を走査型電子顕微鏡で観察した結果、色素を担う細胞が見つかりました。
シノサウロプテリクスの尾や背中の羽毛には、赤や茶色、黄色を発色するメラニン色素が存在していました。

尾から背中にかけて、赤褐色からオレンジ色をしていたと推定されています。

それまで[恐竜の化石から色を特定するのは不可能]とされてきましたが、分析技術の発達と良好な化石によって、初めて色を特定できた恐竜となりました。