ディロフォサウルス(Dilophosaurus)

基本データ

 

学名 (属名) Dilophosaurus
名前の意味 トサカが2つあるトカゲ
分類 (分岐分類) 竜盤目・獣脚類  (獣脚亜目・テタヌラ下目?)
体長 約6メートル
食性 肉食
生息時期 ジュラ紀前期

 

特徴

 

ジュラ紀前期のアメリカや中国に生息した肉食恐竜です。
ディロフォサウルスは、ジュラ紀前期の獣脚類-肉食恐竜として大型化への傾向が見られた最初の属(種)です。

頭頂部の2枚のトサカが特徴的です。

ディロフォサウルスの切手1

ディロフォサウルスの切手

 

ディロフォサウルスの切手2

ディロフォサウルスの切手

ディロフォサウルスの切手5

ディロフォサウルスの切手

 

ディロフォサウルスの全身骨格(2004年撮影)

ディロフォサウルスの全身骨格(2004年撮影)

ディロフォサウルスの全身骨格(2012年撮影)

ディロフォサウルスの全身骨格(2012年撮影)

 

頭上のトサカ

 

頭頂部の平たい骨質は、発見された当初には「化石になる過程で頭骨が潰れたもの」と考えられていました。
その後、状態の良い頭骨の化石が見つかり、それが 「潰れたものではなく、ディロフォサウルスの特徴となるトサカであること」が分かりました。

ディロフォサウルスの頭骨

ディロフォサウルスの頭骨(2004年撮影)

 

ディロフォサウルスの切手3

ディロフォサウルスの切手

 

ディロフォサウルスの切手6

ディロフォサウルスの切手

トサカ部分は薄くて弱いので武器や防具の用途ではなく、異性を惹きつけたり威嚇するための飾りとする説が有力です。

 

分類について

 

所属する分岐分類については、様々な説があるようです。
コエロフィシス上科やカルノサウルス下目に加える説とテタヌラ下目とする説があります。

ディロフォサウルスの切手4

ディロフォサウルスの切手