デンタルバッテリー(予備の歯)

歯の摩耗・折れへの対策

 

人間の歯は、若い時期に乳歯が抜けて永久歯が生えてきます。
永久歯が抜けると生えてくることはありません。

 

これに対して一部の草食恐竜は、アゴの下に歯の予備を無数に持っていることがあります。
むしり取った葉や堅い枝、木の実などを細かくすり潰す歯は負担が大きく、すぐにすり減って抜けていきます。
歯が抜けた後、次の歯が生えてきます。それは生涯続いたと考えられています。 使用している歯の下には 常に次の歯が待機している状態でした。

その無数の予備の歯、その構造を「デンタルバッテリー」と呼んでいます。

サウロロフスのデンタルバッテリー

サウロロフスのデンタルバッテリー

 

デンタルバッテリーを持つ恐竜の歯は、ひとつの歯が小さくなり、顎の大きさに対しての数が増える傾向にあります。

 

 

デンタルバッテリーが見つかっている恐竜たち

 

鳥盤目・鳥脚類に属する恐竜に多く、デンタルバッテリー(予備の歯)を持っていたことが分かっています。
アナトティタンに2000本、エドモントサウルスに1000本、コリトサウルスに600本のデンタルバッテリーが確認されています。

トリケラトプスのデンタルバッテリー

トリケラトプスのデンタルバッテリー

 

エドモントサウルスのデンタルバッテリー

エドモントサウルスのデンタルバッテリー