トロサウルス(Torosaurus)

基本データ

 

学名 (属名) Torosaurus
名前の意味 突き通されたトカゲ
分類 (分岐分類) 鳥盤目・周飾頭類  (周飾頭亜目・角竜下目)
体長 約6〜8メートル
食性 草食
生息時期 白亜紀後期

 

特徴

 

現時点で発見されている、最長の頭骨を持つ角竜です。
最も進化した角竜だと考えられています。

トロサウルスの切手2

トロサウルスの切手

 

その頭骨の長さは、2.5mを越えています。

トロサウルスの頭骨化石

トロサウルスの頭骨化石(2011年撮影)

 

トリケラトプスと同属説

 

トロサウルスとトリケラトプスは、その産地も含め多くの共通点があります。
2010年モンタナ州立大学のグループは、「トロサウルスと呼ばれているものは、成熟したトリケラトプスである」と結論づけました。

ところが2011年、2013年には、別の研究チームから「トロサウルスとトリケラトプスは異なる属である」とする反対説を唱える論文が出されています。

結論を出すまでには、より多くの化石の発見・議論の行方を見守らなければならないようです。

トロサウルスの切手1

トロサウルスの切手

 

トロサウルスの切手3

トロサウルスの切手