恐竜の寿命

骨の断面-成長線からの推測

 

爬虫類の骨の断面には、木の年輪のような成長線があります。
季節によって成長速度や食糧の富貧が変動することによって、骨の断面に成長線ができると考えられています。
近年の研究で、一部の哺乳類・恒温動物の骨断面にも成長線があることが分かっています。

そして、恐竜の骨の断面にも年輪のような成長線が確認できます。
恐竜が季節によって成長の速度が変わる 動物であったことを示すものですが、 成長線を数えることで、おおよその年齢を知ることができるのです。

骨断面の成長線によって想定される恐竜の寿命は、以下の通りです。

 

  • ドロマエオサウルス等の鳥類に近い小型獣脚類  ・・・  3〜5年
  • プシッタコサウルス等の初期の角竜  ・・・  10年
  • ティラノサウルス等の大型獣脚類  ・・・  30年
  • アパトサウルス等のジュラ紀後期の竜脚形類  ・・・  45年

 

カマラサウルスやスーパーサウルスのような大型竜脚形類の寿命を
  100年以上と考える学者もいるようです。

 

 

寿命と平均年齢

 

ティラノサウルスの寿命はおよそ30歳と推定されていますが、元気に平均して30年生きられた訳ではなさそうです。

ティラノサウルスが2歳になるころには、60%の個体が死亡しています。 また化石に残った跡から、寿命に近づいた多くのティラノサウルスはケガや関節の病気にかかっていたことも分かっています。

寿命をまっとうできた恐竜は少ないのかも知れません。