恐竜の体色を初めて特定、羽毛の化石から色素

中国・遼寧省で見つかった恐竜[シノサウロプテリクス(中華竜鳥:白亜紀前期)]の羽毛の化石を走査型電子顕微鏡で観察した結果、色素の運搬を担う細胞が見つかりました。

 

シノサウロプテリクスの尾や背中の羽毛には赤や茶色、黄色を発色するメラニン色素が存在したことから、羽毛は赤褐色〜オレンジ色をしていたことが明らかになりました。

 

今まで「恐竜の化石から、体色を特定するのは不可能」とするのが定説だっただけに、今回の成果は驚きです。

 

恐竜の図鑑[シノサウロプテリクス]

 

 

 

 

 

その他のコンテンツ