ムッタブラサウルス

Muttaburrasaurus


イントロダクション

ムッタブラサウルスの切手

ムッタブラサウルスの切手

かつて、ムッタブラサウルスはハドロサウルス類など代表的なカモノハシ竜と考えられていました。
詳細な研究により現在では、ハドロサウルス類とは異なる特徴をもつオーストラリアで独自に進化を遂げた属だと推測されています。


特徴

ムッタブラサウルスの鼻には、空洞になっている骨のこぶがありました。
これが匂いを感じるための器官だったのか、声を出すための器官だったのかはわかっていません。

また手の第一指(親指)は、イグアノドンのように尖っています(しかし、イグアノドンとは近縁ではありません)。 独自に進化した鳥脚類の親指が同じような形態をもつに至ったのは、興味深い点です。

歯と顎の特徴をみると、ソテツなど低い位置の植物を食べるのに適していたようです。


ムッタブラサウルスの切手・化石

ムッタブラサウルスの切手

ムッタブラサウルスの切手


ムッタブラサウルスの基本データ

学名(属名) Muttaburrasaurus
名前の意味 ムッタブラ(地名)のトカゲ
分類(分岐分類) 鳥盤目・鳥脚類 (鳥脚亜目・ムッタブラサウルス科)
体長 約6 - 10m
食性 草食
生息時期 白亜紀前期
下分類・種名 Muttaburrasaurus langdoni
論文記載年 1981

 
Copyright dino-tail.com & 恐竜のしっぽ.jp by S.Kanazawa, All Rights Reserved.
恐竜のしっぽサイトロゴ