ライスロナックス

Lythronax

ライスロナックスの化石


イントロダクション

ライスロナックスの全身骨格化石

ライスロナックスの全身骨格化石(2015年撮影)

ライスロナックスは、アメリカ・ユタ州南部のグランド・ステアケース・エスカランテ公園(国立保護区)で発見されたティラノサウルス類です。 ティラノサウルスより1000万年古い時期、約8000万年前に生息していました。

日本語では、"リトロナクス"や"ライスロナクス"と呼ばれることもあります。学名の意味は「流血王」。


特徴

ライスロナックスは、白亜紀後期(約8000万年前)の北米に生息したティラノサウルス類です。 全長約8m、体重約2500kgと推定されています。

ライスロナックスの全身骨格化石

ライスロナックスの全身骨格化石(2016年撮影)

ティラノサウルスより身体は小柄でしたが、頭骨は幅広く、立体的に物を見やすい位置に目があるため、獲物との距離感を計りやすく狩る際には有利でした。
頭骨や分厚い歯、短い前肢(腕)はティラノサウルス・レックスの特徴を備えています。
ライスロナックスを発見・記載したユタ大学の研究チームによると、「ティラノサウルス・レックスの直接的な祖先ではないが、それより以前に共通の祖先から分岐したことは明らか」とコメントしています。


ライスロナックスの基本データ

学名(属名) Lythronax
名前の意味 流血王
分類(分岐分類) 竜盤目・獣脚類(獣脚亜目・テタヌラ下目)
全長 約8m
食性 肉食
生息時期 白亜紀後期
下分類・種名 Lythronax argestes
論文記載年 2013

 
Copyright dino-tail.com & 恐竜のしっぽ.jp by S.Kanazawa, All Rights Reserved.
恐竜のしっぽサイトロゴ