ルーフェンゴサウルス(Lufengosaurus)

基本データ

 

学名 (属名) Lufengosaurus
名前の意味 禄豊(中国の地名)のトカゲ
分類 (分岐分類) 竜盤目・竜脚形類  (竜脚形亜目・竜脚下目)
体長 約6メートル
食性 草食
生息時期 ジュラ紀前期

 

特徴

 

ルーフェンゴサウルスは、中国で数多く発見されている竜脚形類です。
現在までに20体ほどの化石が発掘されています。

ルーフェンゴサウルスの全身骨格(2008年撮影)

ルーフェンゴサウルスの全身骨格(2008年撮影)

 

ルーフェンゴサウルス幼体の全身骨格(2004年撮影)

ルーフェンゴサウルス幼体の全身骨格(2004年撮影)

全長は4.5〜6メートル。首は長めで4足で歩行したり、2足歩行したりしていました。

2足で立ち上がり、長い尾でバランスをとり、高いところにある葉を食べました。

ルーフェンゴサウルスの切手1

ルーフェンゴサウルスの切手

 

ヨーロッパで発見される三畳紀後期のプラテオサウルスとよく似ていて、近縁と考えられています。

 

孵化前の赤ちゃんルーフェンゴサウルス

 

2013年、ルーフェンゴサウルスの孵化前の赤ちゃんが発見されました。

詳しく調べた結果、後脚の筋肉部分-大腿骨-が既に発達していたため、カナダ・トロント大学などの研究チームは 「ルーフェンゴサウルスは卵の中で筋肉を動かして、孵化する準備をしていた可能性がある」としています。

 

ルーフェンゴサウルスの全身骨格(2006年撮影)

ルーフェンゴサウルスの全身骨格(2006年撮影)