ホマロケファレ(Homalocephale)

基本データ

 

学名 (属名) Homalocephale
名前の意味 平坦な頭
分類 (分岐分類) 鳥盤目・周飾頭類  (周飾頭亜目・堅頭竜下目)
体長 約3メートル
食性 草食
生息時期 白亜紀後期

 

特徴

 

ホマロケファレは、堅頭竜(石頭竜)に分類される恐竜です。
他の堅頭竜とは異なり、頭頂部は平たくなっていました。この特徴は属名の由来にもなっています。

ホマロケファレの切手

ホマロケファレの切手

 

ホマロケファレの頭骨化石

ホマロケファレの頭骨化石(2014年撮影)

 

2010年に発表された論文によると、「平坦な頭頂部をもつホマロケファレは、ドーム状の頭部をもつ堅頭類プレノケファレの幼体である可能性」を指摘しています。「子供のころ頭頂部は平らだが、成長に伴ってドーム型に変化する」説を唱えています。

ホマロケファレの全身骨格化石

ホマロケファレの全身骨格化石(2011年撮影)

 

ホマロケファレは恐竜としてはかなり特異な説も提唱されています。
「腰の辺りが太い」特徴があり、卵胎生(体内で卵を孵して赤ちゃんの状態で産む)だったかも知れないというものです。