エドモントニア(Edmontonia)

基本データ

 

学名 (属名) Edmontonia
名前の意味 エドモント(カナダの地名)のもの
分類 (分岐分類) 鳥盤目・装盾類  (装盾亜目・曲竜下目)
体長 約6〜7メートル
食性 草食
生息時期 白亜紀後期

 

特徴

 

身体を覆う骨質化した皮膚の装甲(よろい)と、肩のスパイクのような骨が特徴です。
エドモントニアには、他のよろい竜(アンキロサウルス科)が持つような、しっぽの先のハンマーはありません。

エドモントニアの切手1

エドモントニアの切手

 

エドモントニアの切手3

エドモントニアの切手

肩のスパイクのように発達した骨は、肉食恐竜から身を守るためのものか、仲間同士での争い(メスを奪い合ったり、なわばりを主張するため)に使われた可能性があります。

 

お腹側には骨の装甲はなく、ひっくり返ると無防備になります。
重心が低いため、身を守るときには地面に伏せてやり過ごしたのかもしれません。
また、エドモントニアはヨロイ竜としては比較的脚が長く、他のヨロイ竜よりは速かったようです。

エドモントニアの全身骨格

エドモントニアの全身骨格(2009年撮影)

 

エドモントニアの切手2

エドモントニアの切手