カルノタウルス(Carnotaurus)

基本データ

 

学名 (属名) Carnotaurus
名前の意味 肉食のウシ
分類 (分岐分類) 竜盤目・獣脚類  (獣脚亜目・ケラトサウルス下目)
体長 約8メートル
食性 肉食
生息時期 白亜紀後期

 

特徴

 

カルノタウルスは、両目の上の大きめの角と、とても短い手が特徴的です。
角の用途についてはよく分かっていませんが、性差をあらわしている可能性もあります。

カルノタウルスの切手2

カルノタウルスの切手

頭骨は、他の獣脚類に比べるとアゴの部分が短くなっていました。
4本の指をもつ前足(腕)は極端に短く退化していました。あまりの短さに、腕としての役割は果たせなかったものと考えられています。

 

カルノタウルスの全身骨格

カルノタウルスの全身骨格(2006年撮影)

 

カルノタウルスの皮膚の化石も見つかっています。
ゴツゴツした小さな骨を含んだ皮膚だったことが分かっています。

カルノタウルスの切手1

カルノタウルスの切手