カルノタウルス

Carnotaurus

カルノタウルスの化石


イントロダクション

カルノタウルスの切手

カルノタウルスの切手

属名のカルノタウルスは"肉食のウシ"の意味です。
名前のとおり、頭骨には大きい円錐状の角をもっています。


特徴

カルノタウルスの全身骨格

カルノタウルスの全身骨格(2006年撮影)

カルノタウルスは白亜紀後期(約8350万年-6550万年前)に生息していました。全長約8m、体重1tと推定されています。
両目の上の大きめの角と、とても短い手が特徴的です。 角の用途についてはよくわかっていませんが、捕食のときの武器や仲間同志のなわばり争いのようなもの、あるいは性差をあらわしている可能性もあります。

頭骨は、他の獣脚類に比べるとアゴの部分が短くなっていました。短さのわりには高さがあり頭骨は頑丈でしたが、対称的に下顎はきゃしゃなつくりをしており、バランスとして違和感のある印象を受けます。
4本の指をもつ前足(腕)は極端に短く退化していました。ティラノサウルスよりもはるかに短い腕(前肢)でした。 あまりの短さに、腕としての役割は果たせなかったものと考えられています。

皮膚の印象化石も見つかっています。ゴツゴツした小さな骨を含んだ皮膚だったことがわかっています。

カルノタウルスの切手

カルノタウルスの切手


カルノタウルスの基本データ

学名(属名) Carnotaurus
名前の意味 肉食のウシ
分類(分岐分類) 竜盤目・獣脚類(獣脚亜目・ケラトサウルス下目)
体長 約8m
食性 肉食
生息時期 白亜紀後期
下分類・種名 Carnotaurus sastrei
論文記載年 1985

 
Copyright dino-tail.com & 恐竜のしっぽ.jp by S.Kanazawa, All Rights Reserved.
恐竜のしっぽサイトロゴ