アンキオルニス

Anchiornis


イントロダクション

恐竜から鳥類が進化したことは、現在広く受け容れられている定説となっていますが、2009年ごろまで矛盾が指摘されていました。
それは「最初期の鳥類が生息した時期よりも、古い時期の羽毛恐竜が発見されていなかった」ことです。 恐竜から鳥類に進化したのであれば、鳥類が出現した時期(約1億4600万年~1億4100万年前)よりも古い地層から、鳥類に近い恐竜の化石が見つかるはずです。 しかし、羽毛恐竜の化石が見つかるのは白亜紀中期以降(約1億1000万年前以降)のものばかりでした。これでは、羽毛恐竜が出現する前に鳥類が生息していたことになります。

その時期的な矛盾を解消したのが、2009年に発見されたアンキオルニスです。アンキオルニスは、鳥類出現以前-ジュラ紀後期(約1億5500万年前)に生息した羽毛をもつ恐竜だったのです。
鳥類出現より古い時期に生息した羽毛恐竜の発見によって、「恐竜から鳥類が進化したこと」はより説得力のある定説となりました。


特徴

中国遼寧省のジュラ紀後期(約1億5500万年前)の地層から発見された恐竜です。全身を羽毛で覆われていました。全長35-50cm、カラスほどの大きさです。

200を超える多くの保存状態の良い化石が発掘されており、2010年と2015年にアンキオルニスの全身の色について調査されています。 細胞内のメラニン色素を含む小胞の形や大きさ、密度と実際の羽の色との関係を29箇所についてまとめました。
からだ全体的に黒~濃い灰色、前肢と後肢の翼は白と黒のしま模様だったようです。また、頬には赤い斑点があり、頭上には赤い飾り毛があったことが分かっています。

前肢翼の先端には鋭い爪が残っています。おそらくこの爪を使って木を上り、ムササビのように滑空していたのではないでしょうか。

アンキオルニスの全身骨格化石

アンキオルニスの全身骨格化石(2016年撮影)


アンキオルニスの基本データ

学名(属名) Anchiornis
名前の意味 -
分類(分岐分類) 竜盤目・獣脚類 (獣脚亜目・アヴィアラエ科)
体長 約35-50cm
食性 肉食
生息時期 ジュラ紀後期
下分類・種名 Anchiornis huxleyi
論文記載年 2009

 
Copyright dino-tail.com & 恐竜のしっぽ.jp by S.Kanazawa, All Rights Reserved.
恐竜のしっぽサイトロゴ