アジャンキンゲニア(Ajancingenia)

基本データ

 

学名 (属名) Ajancingenia
名前の意味 旅人
分類 (分岐分類) 竜盤目・獣脚類  (獣脚亜目・コエルロサウルス類)
体長 約1.5メートル
食性 雑食
生息時期 白亜紀後期

 

特徴

 

アジャンキンゲニアは、白亜紀後期のオヴィラプトロサウルス類の獣脚類です。
オヴィラプトルの仲間としては、がっちりした短い前足(腕)をもっています。

アジャンキンゲニア(インゲニア)の全身骨格化石

アジャンキンゲニア(インゲニア)の全身骨格化石(2005年撮影)

 

手の第1指は太く頑丈で、かぎ爪になっています。

アジャンキンゲニア(インゲニア)の産状化石

アジャンキンゲニア(インゲニア)の産状化石(2009年撮影)

 

インゲニア

 

アジャンキンゲニアは、かつて「インゲニア」と呼ばれていました。

1981年に初めて論文に掲載されたときには、発見地のモンゴル−インゲン・ホブルに由来してインゲニアと名付けられました。 ところが、属名インゲニアは1957年に線虫の一種に対して既に使われており、2013年にアジャンキンゲニアと属名を変更しています。

アジャンキンゲニア(インゲニア)の全身骨格化石

アジャンキンゲニア(インゲニア)の全身骨格化石(2014年撮影)