日本にもティラノサウルス科が生息-長崎で歯の化石

長崎県の白亜紀後期(約8100万年前)の地層から、ティラノサウルス科のものと推定される歯の化石2点が見つかりました。 体長は10メートルほどと推定されています。
見つかった歯の1点は、長さ8.2cm、根元の最大幅が3.8cm、厚さ2.7cm。水平断面は膨らみのある楕円形でティラノサウルスの大型種に似ているそうです。もう1点の歯は欠損があるもののノコギリのような鋸歯が認められます。

「体長10メートル級の肉食恐竜が発見された」のは、国内初。長崎県では他の恐竜化石も見つかっており、多様な恐竜が生息した地として注目されています。

 

同じティラノサウルス科には、模式種のティラノサウルスの他、タルボサウルスやダスプレトサウルスなどが属しています。

 

 

恐竜の図鑑-[ティラノサウルス]
恐竜の図鑑-[タルボサウルス]

 

 

 

 

 

 

その他のコンテンツ