長崎半島でよろい竜の歯化石

長崎市の長崎半島西岸にある8100万年前(白亜紀後期)の地層から、よろい竜(装盾類-曲竜類)の歯とみられる化石が見つかりました。

 

歯化石は、幅9.8ミリ、高さ9ミリで、よろい竜の歯の特徴である大きな突起がありました。
種の特定は難しいのですが、全長5〜8メートルと推定されています。

 

アジアでは今まで約20種のよろい竜が報告されています。
日本国内では、北海道夕張や熊本県御船町でよろい竜の化石が見つかっています。

同じ地層から小型の肉食恐竜(獣脚類)とみられる歯も2種見つかっており、
白亜紀後期の長崎半島は、多種の恐竜が生息した地であった可能性があります。

 

 

出典元 福井新聞

 

 

 

その他のコンテンツ