世界最大の恐竜を発見-アルゼンチン-

南米・アルゼンチンの白亜紀後期(9500万年前)の地層から、世界最大の恐竜化石が発見されました。

 

全長40メートル、体重80トンと推定されています。体重はアフリカゾウ14、15頭分に匹敵します。
竜脚形類ーティタノサウルス類の仲間です。

化石は、パタゴニア地方トレレウ西部の砂漠で地元の労働者が発見。2013年1月からエヒディオ・フェルグリオ恐竜博物館の専門家チームによって、発掘作業が続けられていました。
これまでに約150の化石を掘り出しました。

白亜紀のアルゼンチンは、アルゼンチノサウルス、ギガノトサウルスなど超大型の恐竜が多く生息していたようです。

 

 

 

 

 

その他のコンテンツ