巨大な羽毛恐竜を発見 ”美しい羽毛の王”

1億2500年前の中国遼寧省の地層から、大きな羽毛恐竜が発見されました。

見つかったのは、成体(大人)1体と幼体(子供)2体。
成体は、体長9メートル、体重1400kgと推定されています。

ユウティラヌス・フアリの骨格化石(2012年撮影)

同じ地層からは、シノサウロプテリクスなどの羽毛恐竜が発見されていますが、
これまで発見された羽毛恐竜より、はるかに大きい化石でした。

 

”美しい羽毛の王”の意味で、ユウティラヌス・フアリ(Yutyrannus huali)と名付けられました。
15〜20センチくらいの羽毛が、全身を覆っていました。

 

ユウティラヌス・フアリの羽毛跡(2012年撮影)

 

羽の構造から「飛ぶための羽ではなく、保温のために使われた」ようです。
通常、身体の大きな動物は体温の保持が容易なため、「小型恐竜で羽毛が発達した」と考えられていました。

ユウティラヌス・フアリの発見は、「大型の獣脚類にも羽毛を持つ種がいた」ことを示していて、興味深い発見となっています。
卵を温めたり、性的アピールのために使われた可能性もあります。

 

羽毛恐竜ユウティラヌス・フアリの化石は、2012年千葉・幕張で開催された恐竜展[恐竜王国2012]のみどころのひとつとなりました。

 

 

 

 

 

 

その他のコンテンツ