前足指1本の恐竜を発見、 中国 内モンゴル

白亜紀後期の中国・内モンゴル自治区の地層から、前足の指が1本しかない新種の肉食恐竜の化石が発見されました。

 

他の指が極端に小さい1本指に見える恐竜は今までも発見されていましたが、
完全に1本指の恐竜が見つかったのは、初めてです。
オウムほどの大きさしかなく、2足歩行をしていました。

獣脚類に分類されています。
リンヘニクスと名付けられました。

「この指は、土を掘ってシロアリの巣を探るために使われた可能性が高い」と説明されています。

 

進化に伴って、指の数が減っていった」とする説が有力視されていますが、
分析の結果、リンヘニクスは3本指の獣脚類よりも、原始的な位置に属すると考えられるそうです。
指の数の減少は、単純な"順序"の進化ではなかったようです。

 

 

 

 

 

その他のコンテンツ