最初期の肉食恐竜エオドロマエウスを発見 アルゼンチン


2億3000万年前のアルゼンチンの地層から、新種の肉食恐竜の化石が発見されました。

 

見つかった化石は3体分で、ほぼ全身の化石が発掘されています。
全長は約1.3メートル。2足歩行をしていました。
獣脚類とみられるこの恐竜は、「初期の走者」という意味の"エオドロマエウス(Eodromaeus)"と名付けられました。

さらに、同時期に生息し最古の恐竜の一種として知られているエオラプトルの化石と比較したところ、 「姿は似ているものの、歯や下あごの形が異なっており、今まで"獣脚類"とされてきたエオラプトルを、"竜脚形類"に分類し直す必要がある」と発表しました。

恐竜発祥の初期の段階において、獣脚類(ティラノサウルスやアロサウルスの祖先)と竜脚形類(ディプロドクスやブラキオサウルスの祖先)は かなり似ていたことになります。

その他のコンテンツ

 
Copyright dino-tail.com & 恐竜のしっぽ.jp by S.Kanazawa, All Rights Reserved.
恐竜のしっぽサイトロゴ