始祖鳥よりも古い羽毛恐竜の化石 − 中国・ジュラ紀後期

中国北東部のジュラ紀後期(約1億6100万年〜1億5100万年前)の地層から、前後の脚に長い風切り羽を持つ小型恐竜の化石が発見されました。
現時点で見つかっている羽毛恐竜の全身骨格としては最古のものです。

全長約50cm、獣脚類トロオドンの仲間と見られています。

 

現時点では、恐竜は直接的な鳥の祖先と考えられています。
最古の鳥「始祖鳥」はジュラ紀後期(1億5000万年前)に生息していましたが、今までは羽毛恐竜はそれよりも新しい白亜紀前期以降の地層でしか見つかっていませんでした。そのため、[恐竜から鳥へ]の進化の過程が不明のままでした。

今回「始祖鳥よりも古い地層で羽毛恐竜が発掘」されたことで、 進化の過程を説明する重要な発見となりました。

 

 

 

 

 

その他のコンテンツ