小さなティラノサウルスの「祖先」を発見 − 中国・白亜紀前期

中国北東部の白亜紀前期(約1億2500万年前)の地層から、全長約3メートル  推定体重約65kgの新種恐竜が発見されました。

白亜紀後期(約6500万年前)のティラノサウルス(全長13m、推定体重5〜6t)よりもかなり小型ですが、
"鋭い歯"と"短い前足"、"強力なアゴ"など「暴君」ティラノサウルスの特徴を十分に備えています。

この新種の恐竜には「ラプトレックス (略奪王)」と名付けられました。

 

ティラノサウルスの祖先と見られており、「ティラノサウルスの仲間が大型化する前に既に、短い前足や強力なアゴを備えていたこと」が分かりました。

 

 

 

 

 

その他のコンテンツ