中国で新種の羽毛恐竜 − 鳥盤目では初めて

中国遼寧省にある白亜紀前期(約1億2500万年前)の地層から「全身が羽毛に覆われた恐竜の化石を発見した」と、中国科学院のチームが発表しました。
全長は推定約70cm。最長6cmの羽毛のような組織が残っていました。

 

この発見には重要なポイントがあります。

[ティアニュロング]と命名されたこの恐竜が、鳥盤目に分類されていることです。
今まで見つかってきた羽毛恐竜(ドロマエオサウルス、ミクロラプトル、シノサウロプテリクス等)は全て竜盤目・獣脚類でした。

初めて「羽毛を持つ鳥盤目の恐竜」が発見され、驚いています。

 

 

 

 

 

その他のコンテンツ