和歌山県で肉食恐竜の歯化石発見

和歌山県湯浅町の海岸沿いにある白亜紀前期(約1億3300万年前)の地層から、 肉食恐竜(獣脚類)の歯である可能性が高い化石が見つかりました。

歯の化石は 長さ約2.6cm、幅約1.2cm。
縁がのこぎり状になっており、北海道大学総合博物館の小林快次博士・国立科学博物館の真鍋真研究主幹の鑑定で 「肉食恐竜の歯」と断定しました。
カタノサウルス類と考えられています。

 

 

 

 

 

その他のコンテンツ