ジュラ紀の羽毛恐竜の化石、中国北部で発見

中国北部-内モンゴル自治区のジュラ紀中〜後期(約1億8000万年〜1億4500万年)の地層から、羽毛恐竜の化石が発見されました。
この発見が貴重なのは、ジュラ紀の地層から発見されたことです。

今まで発見されていた羽毛恐竜の化石はいずれも白亜紀の地層からでした。
最古の鳥類と考えられている[始祖鳥]よりも古い羽毛恐竜が見つかったのは、今回が初めてとなったのです。

始祖鳥

始祖鳥の切手

 

見つかった化石は脚の甲や指の部分ですが、長さ5cmほどの羽毛が生えていました。
発見された恐竜は鳥類に近く、始祖鳥の祖先である可能性が高いそうです。
アジアで、恐竜から鳥に進化した可能性」を示す重要な発見です。

 

 

 

 

 

その他のコンテンツ