哺乳類に食べられていた、小型恐竜 発見

中国遼寧省の白亜紀前期の地層から、2種の哺乳類の化石が発見されました。

1種−ロブストス(全長推定:約60cm)の化石の胃部には、初期の角竜プシッタコサウルスの子供の骨と歯が見つかりました。
肉食の哺乳類が、小型の恐竜を食していた」ことを示す発見です。

もう1種の哺乳類は新種の発見となりました。全長1m以上あります。
こちらの歯も肉食の特徴を備えており、「体格の大きさ等から、小型の恐竜にとって脅威となった可能性がある」と指摘しています。

 

恐竜の図鑑[プシッタコサウルス]

 

 

 

 

 

 

その他のコンテンツ