エルラシア(三葉虫)

Elrathia


イントロダクション

エルラシア・キンギ-Elrathia kingii

エルラシア・キンギ-Elrathia kingii(2017年撮影)
マイコレクション

エルラシアは、三葉虫の中で最も馴染み深い属かも知れません。
小さなエルラシア・キンギはアメリカ・ユタ州のカンブリア紀の地層から大量に見つかる(数十万個を産出する)ため、博物館のミュージアムショップなどで安価に購入することができます。 おそらく、世界で一番多くのひとが持っている化石ではないでしょうか


特徴

エルラシアは、カンブリア紀中期の海に数多く生息していました。三葉虫を代表する属です。

エルラシア・キンギ-Elrathia kingii

エルラシア・キンギ-Elrathia kingii(2017年撮影)
地質標本館所蔵

化石は頭部の両側頬の部分が欠けているものが多く、体長1~2cmほどの平坦なものが多く出回っています。 ボクが小学生の頃に初めて手にしたエルラシア・キンギも、体長2cm弱で頬の部分が欠けていました。同種で3.5cmを上回ると、かなり大きな部類に入ります。

捕食痕と呼ばれる傷「何者かにかじられた痕」が残されているエルラシアも多く見つかっています。 カンブリア紀最大の肉食動物と言えば、アノマロカリスが有名です。アノマロカリスによるものである確証はありませんが、アノマロカリスの人気に連れて「捕食痕の残されたエルラシア・キンギは、通常の数倍から十倍ほどの取引価格に跳ね上がる」こともあるそうです。


初めは、コノコリフェConocoryphe

この三葉虫が北米で発見された当初、コノコリフェConocorypheとして記載されました。1800年代のことです。
1924年、アメリカの古生物学者チャールズ・ウォルコットが別の属としてエルラシアElrathiaを記載し直しました。


エルラシアの切手・化石

エルラシア・キンギ-Elrathia kingii

エルラシア・キンギ-Elrathia kingii(2016年撮影)
茨城県自然博物館所蔵


エルラシアの基本データ

学名(属名) Elrathia
分類 三葉虫綱-レドリキア目-プティコパリア亜目-アロキストカレ科
生息時期 カンブリア紀
下分類・種名 Elrathia kingii
Elrathia marjumi
Elrathia antiquata
Elrathia permultaなど
論文記載年 1924

 
Copyright dino-tail.com & 恐竜のしっぽ.jp by S.Kanazawa, All Rights Reserved.
恐竜のしっぽサイトロゴ