セラタイテス(アンモナイト)

Ceratites


イントロダクション

セラタイテス - Ceratites

セラタイテス - Ceratites(2016年撮影)
ドイツ産

セラタイテスは特徴的な模様(縫合線)を持つアンモナイトの一種です。この模様が綺麗。
中生代後期のもののような複雑さはありませんが、幅広な単純な縫合線はどこか力強さを感じます。


特徴

セラタイテスの特徴は、その模様(縫合線)です。なめらかな山と反対側が小さい刻みを持つ縫合線はまるで、ジグソーパズルのピース組み合わせ部分のようです。
おそらく「殻の強度を増すために、このような縫合線になったのではないか」と推測されます。比較的深いところまで潜れたのではないでしょうか。

セラタイテス - Ceratites

セラタイテス - Ceratites(2017年撮影)
ドイツ産

オーストリア、カナダ、中国、フランス、ドイツ、ハンガリー、インド、イタリア、イスラエル、ロシア、トルコ、アメリカなど広い範囲で化石が見つかっています。
三畳紀の海に生息していました。


セラタイテスの切手・化石


セラタイテスの基本データ

学名(属名) Ceratites
分類 アンモナイト亜綱・セラタイト目
生息時期 三畳紀
下分類・種名 Ceratites beyrichi
Ceratites boeckhi
Ceratites elegans
論文記載年 1825

 
Copyright dino-tail.com & 恐竜のしっぽ.jp by S.Kanazawa, All Rights Reserved.
恐竜のしっぽサイトロゴ